未分類

ASC-USとは?診断されたらどうしたらいい?

「子宮頸がんの検診を受けた際にASC-USと言われたけど、どういう意味かわからない」

あなたは今そのように疑問に思っていませんか?

ASC-USの意味がよくわからないまま、再検査が必要だと言われてしまうと不安に思う方もいらっしゃると思います。

そこでこの記事では、子宮頸がん検診で「ASC-US」と診断されたときの状態や、その後行われる検査などについて紹介しています。必要以上に怖がらず、冷静に対応しましょう。

ASC-USとは?

「ASC-US」とは、子宮頸がん検診を受けた際の結果の一つです。Atypical Squamous Cells of Undetermined Significanceの略で、「意義不明な異型扁平上皮細胞 」という意味です。

子宮頸がん検診では、子宮の入り口(子宮腟部)を綿棒やブラシでこすって細胞を取り、顕微鏡を使って細胞の形態変化を調べます。そこで細胞の異常が認められた場合に、「ASC-US」など複数の状態に分けられます。

「ASC-US」は、決して現時点でがん化した細胞が見つかったのではなく、細胞に異常が認められたという診断です。子宮頸がんとは関係なく、細胞の形に異常が認められていることもあります。しかし、細胞が今後子宮頸がんに変化する可能性があるため、二次検査が必要になり、検査後に詳細な診断が下されます。

子宮頸がん検診の際に異常が認められた際は、次のような診断になります。

  • ASC-US

ASC-USとは、「意義不明な異型扁平上皮細胞 」のことです。

  • LSIL

LSILとは、「軽度扁平上皮細胞」のことです。HPV感染や、軽度異形成の疑いがあります。

  • HSIL

HSILとは、「高度扁平上皮細胞」のことです。中等度異形成、高度異形成、上皮内がんの疑いがあります。

  • ASC-H

ASC-Hとは、「HSILを除外できない異型扁平上皮」のことです。病変の疑いが高いとされています。

  • SCC

SCCとは、「扁平上皮がん」のことです。

ハイリスク型HPVとは?

ハイリスク型HPVとは、ヒトパピローマウイルス(HPV)という生殖器へのウイルス感染症のことで、その中でもハイリスクである型のことを指します。

HPVは、ほとんどの場合性交渉により感染します。低リスク型も含めると、約80%の女性が50歳までにHPVに感染すると言われています。

ハイリスク型HPVの持続感染によって、子宮頸がんは引き起こされます。ハイリスク型HPVに感染した後、数年かけてゆっくりと子宮頸がんへと変化していきます。よって、ハイリスク型HPVの感染を早期に見つけることによって、子宮頸がんの早期治療に繋げることができます。

ただし、ハイリスク型HPVに感染していても、子宮頸がんを発症しない人もいます。HPVに感染しても、ほとんどの場合は自己免疫力でウイルスが消失します。しかしウイルスが消失せず、持続感染している場合は、子宮頸がんへと変化します。

ASC-USと診断されたら

「ASC-US」と診断されたら、二次検査にすすみます。ハイリスク型HPVの有無を調べ、ハイリスク型HPVがある場合はさらに検査を行います。

二次検査でHPV検査を行う

二次検査でHPV検査を行い、ハイリスク型HPVの有無を調べます。ハイリスク型HPVの持続感染によって子宮頸がんは引き起こされるとわかっており、ハイリスク型HPVの有無を知ることで、子宮頸がんの可能性を診断します。

子宮頸がん検診と同様に、子宮の入り口(子宮腟部)を綿棒やブラシでこすって細胞を取ります。HPV検査では、検査機器を使ってハイリスク型HPVの有無を確認します。

陰性だった場合

HPV検査が陰性だった場合は、1年後に子宮頸がんの再検査を行います。陰性だからと油断せず、きちんと1年後に検診を受けましょう。

陽性だった場合

HPV検査が陽性だった場合は、さらに検査を行います。コルポスコープ検査と組織診を行います。この2つの検査は、同時に行うことが多いです。検査により出血することがあるため、生理用ナプキンを持参しましょう。

コルポスコープ検査

病変が疑われる部分を、コルポスコープとよばれる拡大鏡を使って拡大して、観察します。

組織診

コルポスコープを使って観察した、病変が疑われる部分の組織を、数ヶ所採取します。採取した組織を病理検査して、診断をします。

採取する組織は非常に小さいですが、つまみ取るように採取を行うため、出血することがあります。

ASC-USと診断された人が子宮頸がんになる割合

ASC-USと判断された人のうち、治療の対象になるのは3%程度です。治療対象になる人も、「前がん状態」であることが多く、ASC-USからがんと判断されることは稀です。

子宮頸がん検査を受けた人のうち、ASC-USと判断される人は5%未満です。そのうち、HPV検査によりハイリスク型HPVが陽性である人は50%程度、コルポスコープ検査と組織診により異常が発見されるのは10〜20%程度、治療対象になるのは3%程度です。

ASC-USと判断された場合は、二次検査の結果にかかわらず、定期的に子宮頸がん検診を受けます。二次検査が陽性かつ治療対象でない場合も多いですが、その場合も定期検診を受けて経過観察を行う場合が多いです。

ASC-USと判断されると、陰性ではないために驚いたりひどく落ち込んだりする方もいますが、経過観察を行う程度で済む場合がほとんどです。過剰に心配する必要はありません。

子宮頸がんはどんな病気?

子宮頸がんはどのような病気であるのか、簡単に説明します。早期に発見して治療を開始することができるので、まずは定期検診をきちんと受けましょう。

症状

子宮頸部とよばれる子宮の入り口にできるがんを、子宮頸がんといいます。子宮頸がんは、子宮がんの7割程度を占めるもので、30代後半が発症年齢のピークです。

子宮頸がんは、自覚症状がないことが多いです。自覚症状が出る場合は、次のような症状が見られます。

  • 異常なおりもの
  • 不正出血
  • 性行為の際の出血
  • 下腹部の痛み

これらの症状が起こっていても、子宮頸がんとは全く関係ないことも多く、症状が出ていても重く受け止めずに見逃してしまいがちです。ただしこれらの症状は、子宮頸がんでない場合でも異常ですので、病院へ行って診察を受けましょう。

発がんの原因

子宮頚がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によって起こります。HPVは性交渉により感染し、男性にも感染するウイルスです。

ウイルスに感染しても、ほとんどの場合は自己免疫力により自然治癒しますが、治らずにHPVを長期間保有している場合、異形成とよばれる前がん病変を経て、子宮頸がんに進行します。

治療方法

子宮頸がんの治療方法は、大きく分けて「手術」「放射線」「抗がん剤」に分けられます。がんの進行度以外にも、患者の年齢、妊娠を希望するかどうかなどで、治療方法は変わります。

  • 手術療法

前がん状態のような状態が軽い場合や、将来的に妊娠を希望する場合は、子宮の入り口付近のみを部分的に切除する手術を行います。子宮の入り口が狭くなるため、月経の際に経血が外に出づらくなります。また、妊娠しづらくなったり早産したりする可能性が上がります。

妊娠を希望しない場合は、子宮の全摘出を行うことがあります。がんが進行している場合は、腟の一部、卵巣、子宮周辺の組織やリンパ節を含めて、広範囲に摘出することもあります。子宮を摘出すれば、子宮頚がんを含む子宮がんになることは今後ありません。

  • 放射線療法

手術に抵抗がある場合や、手術をした後に再発リスクがある場合、他の臓器に転移がある場合は、放射線治療が用いられます。放射線治療を行うと、副作用として胃腸障害、下痢、皮膚炎、腸閉塞などが起こることがあります。

  • 抗がん剤治療

抗がん剤治療も、手術をした後に再発リスクがある場合、他の臓器に転移がある場合などに用いられます。抗がん剤治療を行うと、副作用として吐き気、血液毒性(好中球減少、貧血、血小板減少)、腎毒性などが起こります。

子宮頸がん検診は定期的に受けましょう

子宮頚がんは自覚症状がないことが多く、定期的に検診を受けることが何よりも大事です。子宮頸がんの検診は、会社の健康診断の中に含まれていることが多いです。また自治体によっては、安価で検診を受けられることも多いです。

定期的に子宮頚がん検診を受けて、早期発見ができる体制を整えておきましょう。

アプリで解決
お急ぎのピルの処方はスマホでオンライン処方がおすすめです! アフターピル・低用量ピル・月経移動ピルが誰にもバレずに、最短翌日に自宅に届きます♬ 

ピルのオンライン処方を試してみる!

>LINE相談はこちら


LINE相談

ピルを処方する