未分類

避妊できているか悩むのは心配しすぎ?彼氏とのセックスで妊娠する可能性について解説

「避妊のことを心配しすぎ」と周りから言われたことはありませんか?

避妊はとても大事なことですが、避妊を心配しすぎて空気を台無しにしてしまうのも嫌ですよね。しかし望まない妊娠をしてしまうと、その後の人生に大きく関わってしまうので、避妊はやはり心配になるものです。

この記事では、避妊しなかった場合に妊娠する確率や、避妊方法ごとの避妊率を紹介しています。妊娠や避妊について、正しい知識を持った上で行動しましょう!

避妊を一切せずに妊娠する可能性は?

避妊を全くしない場合、1年間で妊娠する確率は85%と言われています。年齢を重ねると妊娠する確率は低下していきますが、研究によっては30代後半でも1年間で妊娠する確率は65%と言われているところも。

「1年以上妊娠しなければ不妊治療を考えるべき」とも言われているくらいなので、避妊をしなければ妊娠するのは当たり前と考えておきましょう。

コンドームの避妊率

日本では、コンドームを使って避妊を行う人が最も多く、約82%の人がコンドームでの避妊を選択しています。

コンドームは、正しく使用した場合の避妊率(1年間使用を続けて避妊できる確率)が98%であり、他の避妊方法と比べると、避妊率が高いとは言えません。裏返せば、コンドームの正しい使用を続けていても、1年間で2%の人が妊娠します。「コンドームを使っていたのに妊娠した」というケースは、珍しいものではありません。

コンドームは、破れてしまったり途中で外れてしまったりすることもあり、正しい使用ができない場合もあります。正しく使用できなかった場合も含めると、避妊率は85%に下がります。15%の人が避妊に失敗すると考えると、決して安心できる方法ではないとわかります。

しかし、「避妊率が高いとは言えないから、コンドームは意味がない」と考えるのは間違いです。コンドームを使うと、性感染症を予防することができます。他の避妊方法では性感染症を予防することはできないので、性感染症の予防を目的としてコンドームを使いましょう。

避妊に失敗してしまったらアフターピル

もし避妊に失敗してしまったら、すぐにアフターピルを服用しましょう。アフターピルは、避妊に失敗してから72時間以内に服用することで、98.7%が避妊できたというデータが出ています。120時間以内の服用でも、高い効果がある薬もあります。

アフターピルが必要になった場合は、病院で診察を受けて、アフターピルを処方してもらいます。避妊に失敗してから72時間以内に服用することが重要であり、服用が早いほど避妊率も上がるので、ピルを受け取ったらすぐに服用します。

アフターピルについては、こちらの記事でも詳しく解説していますので、合わせてお読みください。

今すぐアフターピルの購入が必要であれば、オンライン診療がおすすめです。年中無休で診察を受けることができ、最短で翌日にアフターピルが到着します。スマホひとつあればどこでも診察を受けられるので、手間もかかりません。

通販でもアフターピルを購入することができますが、到着まで1週間以上かかることが多く、72時間以内の服用が必要になるアフターピルには適していません。また医師の診察を受けないため、副作用への理解がないまま服用してしまう場合もあり危険です。

対面診療でもアフターピルを処方してもらうことができますが、対面で事情を聞かれることに抵抗があり、病院へ行けないケースも。オンライン診療なら、医師等のスタッフと直接顔を合わせる必要がないので、診察へのハードルがぐっと下がります。

普段からしっかり避妊したいなら低用量ピルとコンドームの併用

先ほど紹介したアフターピルは、あくまでも「緊急用」として使うものであり、日頃は他の方法で避妊することが必要です。避妊率や手軽さを考慮して、低用量ピルでの避妊を選ぶ人が増えています。

低用量ピルで避妊をした場合、飲み忘れがない場合の避妊率は99.7%であり、手軽に高い避妊効果を得られます。低用量ピルは、女性が主体となって避妊できることや、薬を飲むだけでとても簡単なことから、注目を集めています。ドイツでは、若い女性の7割が低用量ピルで避妊しているというデータも。

使い方は、自分で決めた時間に毎日1回ピルを飲むだけで、とても簡単です。当院でジェネリック医薬品を選択すると、2200円(1ヶ月分)から低用量ピルの服用をスタートできます。1日あたり100円以下の負担で、高い避妊効果を得ることができます。

低用量ピルについて気になる方は、こちらの記事も合わせてご確認ください。

低用量ピルを使用した場合も、性感染症の予防はできないので、コンドームとの併用が推奨されています。コンドームには避妊効果もあるので、低用量ピルとコンドームを併用すれば、避妊率はさらにアップします。

IUS(子宮内システム)、IUD(子宮内避妊用具)での避妊は、年単位で避妊を希望する場合や、出産の経験がある人に適している方法になります。取り外しの際には病院で処置してもらう必要があり、決して手軽とは言えません。

手軽さと高い避妊率を同時に手に入れたいなら、低用量ピルとコンドームの併用がおすすめです。

手軽にピルを購入したいならオンライン診療がおすすめ

当院では、オンライン診療にてピルを購入することができます。オンライン診療を利用すると、スマホひとつで医師の診察を受けることができて、自宅などご希望の場所にピルをお届けすることができます。忙しくてなかなか病院へ通えない方、産婦人科へ通うことに抵抗がある方に、オンライン診療は人気です。

オンライン診療を利用すると、副作用などの不安点を医師に質問することができるので、安心してピルの服用をはじめることができます。オンライン診療を利用して、ピルの服用をしましょう!