未分類

着床出血はいつごろくるの?生理との違いや対処方法についても解説

生理の時期ではないのに膣から出血があった場合、考えられる要因の1つに着床出血というものがあります。

着床出血とは妊娠した際に膣からでる出血のことで、妊娠したサインとも言われています。

ただし、着床出血かどうか自身で判断するのはとても難しいものです。実際に妊娠した人の中には生理と勘違いしていた方もたくさんいらっしゃいます。

そこで今回は着床出血が起きるタイミングや生理との違いを解説していきます。

「着床出血かも?」と思ったあなたは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

着床出血とは?

着床出血は妊娠が成立した際に起こる少量の出血です。出血量はかなり少なく、おりものに少し血が混じっている程度。トイレットペーパーで拭き取った際にオリモノに混じった出血に気づくケースも多くあります。

トイレで拭き取る瞬間まで出血に気づかないことが多くあることからも、出血量の少なさがわかりますね。妊娠のサインとされている着床出血が起きる仕組みとタイミングを解説します。

着床出血が起きる仕組み

精子と卵子が出会うと、融合し受精卵という1つの細胞になります。受精卵は2個、4個、8個、16個と細胞分裂を繰り返して胚として成長します。

その後、受精卵は卵管の中を子宮に向かって移動していきます。受精後数日で胚は子宮の中に到着し、着床直前の胚は胚盤胞になり、受精後5・6日後には、胚盤胞は子宮内膜にくっつき、根を張ります。

ここまでの一連の流れで着床が成立し、妊娠へと発展します。

着床した際に起きる出血が着床出血の正体です。

着床出血による出血だった場合、子宮内に胎芽または胎児の生存が確認出来れば、治療の必要はありません。

着床出血は生理予定日の1週間程度前にくることが多い

着床出血は妊娠4週目にあたるタイミングで起こります。生理予定日に起こることが多いので、生理なのか着床出血なのかの区別はかなり難しいと言えるでしょう。

また、子宮からの出血でなく子宮頸部からの出血でも着床出血と同じくらいの出血量となるため、判断はさらに困難に。また、着床出血の期間は、1~2日ほどで終了することがほとんどですが、3~4日ほど続いたという方も少なからず存在します。

妊娠した方の全員が着床出血を起こすわけではありません。着床出血が起きていなくても妊娠している可能性は十分にあるので、妊娠をしているかどうかは妊娠検査薬などでしっかり確認するようにしましょう。

妊娠するとどのような症状がおきる?

妊娠すると以下のような症状が起きます。妊娠超初期の症状は受精してからおよそ1週間から10日後から出現しますが、妊娠成立後すぐに症状を自覚する方も少なくありません。

妊娠検査薬では4~5週目からしか陽性反応しないものの、普段とは異なる体調の変化を感じた場合は妊娠超初期症状の可能性があります。妊娠中の悩みや症状として多く寄せられているものをまとめてみました。

  • むくみ
  • がんこな便秘
  • 性器出血
  • 普段と違うおりもの
  • 腹痛
  • 強い頭痛
  • 発熱
  • つわり
  • 下痢
  • イライラ
  • 激しい動悸
  • めまい
  • 強い不安感
  • はきけ・嘔吐
  • 月経よりも少量の鮮血(着床出血)
  • 水っぽいおりものの増加
  • 胸が張ったり、チクチクとした傷み
  • 月経時以上の眠気
  • 肌荒れや口内炎ができやすくなる
  • 足のむくみ
  • 食欲不振または食欲旺盛になる

症状をみてみると生理の症状とよく似ていることがわかります。

生理同様、妊娠初期の症状には個人差があります。症状が全くなかったという方もいれば、寝込んでしまうほど強い症状が出たという方など様々なため、妊娠をすると上記の症状が出る可能性があるということを知っておくと安心です。

また、症状が強く出ている場合、無理をすることなく可能な範囲で外出や仕事に臨むようにしましょう。妊娠中は風邪薬や鎮痛剤などの服用はほとんどできないので、とにかく体を休めて安静にするよう心がけてくださいね。

着床出血と生理の違いは?

タイミングも出血期間も似ている着床出血と生理を見分けるのはかなり難しいでしょう。しかし、見分けるための重要なポイントは以下の2つです。

  1. 出血量
  2. 経血の状態

見分けるためのポイントの1つ目は出血量です。着床出血の出血量は非常に少量で、織物に混じる程度の出血にとどまるでしょう。おりものシートでカバーできる程度の出血となるケースがほとんどです。

生理用ナプキンがないと出血をカバーできないという場合は通常の整理の出血だと考えて問題ないでしょう。

2つ目は塊が混入しているかどうかにあります。健康な人であっても生理の初日には、経血をサラサラにするための酵素が分泌されていないため、血の塊が出やすい状態に。血の塊が見られなかったという場合は、着床出血が起きている可能性があります。

また、膣からの出血は不正出血や子宮頸がん、子宮筋腫や子宮内膜症のサインの可能性も。生理以外のタイミングで出血が2〜3日以上続くようであれば、病院を受診しましょう。

妊娠したか確認する方法

実は、着床出血の有無だけで妊娠しているかどうかの判断を行うのは難しいです。

なぜなら、妊娠していても着床出血が起きないという方も多くいるためです。あくまでも出血は目安程度のものだと考えておくようにしましょう。

また、着床出血のような症状が出たという方でも、別の要因で出血をしている可能性があるため、自身で判断せず妊娠検査薬などでしっかり確認する必要があります。

妊娠検査薬を使用し陽性を確認したら、婦人科で医師の診察を受けるようにしましょう。

妊娠検査薬の使用方法

妊娠検査薬を試してみるまでは、妊娠しているかの確信を得ることはできないことはお分かりいただけたと思います。

ただ、妊娠検査薬は正しいタイミングで使用をしないと、正確に妊娠しているかチェックすることはできません。

こちらの項では、正しい利用方法と反応する時期やタイミングについて解説します。

妊娠検査薬の反応するタイミング

妊娠検査薬は尿中のhCGの量を調べることで妊娠しているかどうかの判断を行います。市販の検査薬は98%の正確性を誇るのでタイミングさえ正しければ、しっかりと確認することができます。

ただし、hCGは妊娠4週目ごろから尿中に排出されるようになるものの、人によってはまだ少量なので反応しない可能性があります。

検査薬が正しく反応するのは妊娠5週目以降です。妊娠5週目以降になればhCGはしっかりと分泌されているので、間違った結果を反映させる可能性は低いでしょう。

少しでも早く結果が知りたいという方は、比較的hCGの感度が高い「早期妊娠検査薬」を使用してみましょう。早期妊娠検査薬は、妊娠していれば生理予定日の3~4日前から妊娠の有無を確認することができます。

妊娠検査薬の利用方法

妊娠検査薬は妊娠検査スティックの先端部分に尿をかけ、「判定」と「終了」の窓を見て陽性・陰性を判断します。一般的に販売されている妊娠検査薬は、1〜3分ほどで「終了」の窓に終了線が入り、検査が終了します。

もし終了線が入っていなかった場合は、別の検査薬を用いてもう一度妊娠検査を行いましょう。

うまく検査するコツは以下の通りです。

  • 水平な場所に置く
  • 先端にのみ尿をかける
  • 適切な尿量をかける

先端のみに尿をかけ、適切な量の尿をかけるというのが非常に重要です。

尿をかけすぎたり、妊娠検査薬全体に尿をかけてしまうと間違った結果が反映される可能性があります。パッケージに記載されている使用方法に従い、適切な方法で妊娠検査を行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

着床出血かどうかの判断は難しいということがお分かりいただけたと思います。「着床出血かな?」と思っても必ず妊娠検査薬で検査するようにしましょう。

また、着床出血がない方でも、妊娠している可能性は十分にありえます。もし生理が遅れていて、生理前のような症状や続いたり体調に変化あった場合は、妊娠検査薬を試してみたり、産婦人科に行ってみるようにしましょう。

アプリで解決
お急ぎのピルの処方はスマホでオンライン処方がおすすめです! アフターピル・低用量ピル・月経移動ピルが誰にもバレずに、最短翌日に自宅に届きます♬ 

ピルのオンライン処方を試してみる!

>LINE相談はこちら


LINE相談

ピルを処方する