未分類

排卵日の頭痛と吐き気がつらい。改善方法や薬について解説

排卵日の前後で、頭痛や吐き気に悩まされていると、辛いですよね。月経の時期も辛いですが、排卵の時期も辛い症状に悩まされると、1ヶ月のうち10日前後は辛い日が続いてしまいます。

排卵の時期や仕組み、排卵日の前後に起こる頭痛や吐き気の対処法について紹介しています。「女性には月経や排卵の悩みはつきもの」だと諦めずに、症状を改善させて快適な生活を送りましょう!

排卵日とは?

排卵とは、成長した卵胞から卵子が排出される現象のことです。卵巣の中で成長した卵子は、脳から「排卵しなさい」と命令するホルモン(黄体化ホルモン)を受け取ると、卵胞の膜が破れて卵子が排出されます。

排卵日はいつ?

排卵は、月経から次の月経までのちょうど中間ごろにあります。月経の周期は、個人差はありますが平均的に25〜38日と言われているので、排卵は月経から14〜19日後ごろに起こることが多いです。

排卵日は、基礎体温の変化からある程度推測することができます。

参照: 排卵日の基本を解説 | ロート製薬: 商品情報サイト

排卵日を境に、基礎体温が「低温期」から「高温期」へ移行します。通常は月経開始から約2週間ほど低温期が続き、その最後にガクンと体温が下がったのを合図に、高温期が約2週間ほど続きます。基礎体温がガクンと下がってから高温期に変わった2~3日の間に、排卵が起こると考えられています。

排卵はなぜ起きるの?

女性は月に1回排卵が起こり、排卵時に放出された卵子と精子が出会えば、受精して妊娠が起こります。排卵が起こる詳しいメカニズムについて解説します。

参照: 生理痛と女性のからだの悩み 生理のミカタ

月経の時に、脳下垂体から『卵胞刺激ホルモン』が分泌されます。このホルモンによって刺激された卵胞は発育して、『エストロゲン(卵胞ホルモン)』が分泌されます。
卵胞が成熟すると、脳下垂体から『黄体化ホルモン』が分泌されて、排卵するように脳から指示が出ます。指示を受け取ると、卵胞の膜が破れて、中から卵子が排出されます。卵子が放出されることを「排卵」と呼びます。

排卵により卵巣外へ排出された卵子は、精子と出会うと受精して、受精卵となります。受精卵が子宮へ着床すると、妊娠します。精子と出会わなかった場合は、子宮内膜がはがれて月経が起こります。

なぜ排卵日前後で頭痛や吐き気が起きるの?

排卵日の前後で、頭痛や吐き気に悩まされるメカニズムについてご紹介します。

参照: 知ろう、治そう、PMS【月経前症候群】

排卵を境に、女性ホルモンの『エストロゲン』と『プロゲステロン』の分泌量が変化します。月経終了から『エストロゲン』の量が徐々に増えますが、排卵期を境に急激に減少します。また『プロゲステロン』の分泌量は、排卵期を境に上昇が始まります。

排卵期は女性ホルモンの分泌量が急激に変化するので、身体に負担がかかり体調を崩しやすくなります。排卵期の吐き気や頭痛は、ホルモンバランスの変化によるものと言われています。

排卵期に腹痛が起こる場合は、卵子の排出に伴って痛みを感じることがあります。排卵期に卵子が排出される際には卵胞がやぶれますが、そのときに卵胞液と血液が体内へと流れ、腹膜を刺激します。この腹膜への刺激により、腹痛を感じます。また卵子が排出されるときに、卵巣に傷をつけてしまって、痛みが起こることがあります。

その他の症状は?

排卵の前後で起こりやすい症状と、その原因について紹介します。

  • むくみ
  • 冷え

プロゲステロンの分泌量が増えることによって、水分を溜め込もうとする現象が起こり、むくみやすくなります。むくむことで余分な水分が体を冷やし、冷えを起こしてしまいます。

  • イライラ

女性ホルモンと『セロトニン』『GABA』などの神経伝達物質に相互作用があることが近年注目されており、女性ホルモンの分泌量が変わる排卵や生理の時期に、メンタル面の症状が出ることが考えられています。

  • 排卵出血

卵子が排出されるときに、卵巣に傷をつけてしまったことが原因で、出血することがあります。月経時の出血に比べると、非常に量は少ないです。

排卵日症状を緩和する方法

排卵日に伴う症状は、日々の生活での心がけや、薬の服用などで緩和させることができます。我慢しすぎず、緩和できる方法を試してみましょう。

排卵日時期を把握すること

基礎体温を毎日測定すると、排卵の時期を予測することができます。排卵の時期を境に、基礎体温が「低温期」から「高温期」へと移行するので、だいたいの排卵日を予測できます。

風邪をひいたときなどに体温を測るのと、基礎体温を測るのは、方法が異なります。普通の体温計とは別に「婦人体温計」を準備し、朝に目が覚めたときに寝たままで測定します。基礎体温を測定したら、スマホアプリなどを活用して記録をつけておきましょう。

排卵日が予測できれば、排卵に伴う症状の対策を行うことができます。排卵日を予測できたら以下のような対策を行い、排卵の期間を乗り切りましょう。

  • 万が一の出血に備えてナプキンを着用する
  • 食事や服装などで、むくみや冷えの対策を行う
  • スケジュールに余裕を持たせて無理をしない
  • 鎮痛剤を持ち歩く

体を冷やさない

体を温めるように心がけると、痛みなどの諸症状が和らぐことがあります。仕事上の都合で難しい項目があるかもしれませんが、家にいるときだけでも取り組んでみましょう!

  • お風呂やマッサージなどで血行をよくする
  • 体を冷やす行動を避ける
  • 食べ物では甘いもの・冷たいものを避ける
  • 靴下や腹巻きなど、体を温められる服装を取り入れる

鎮痛剤を服用する

市販の鎮痛剤を使うと、排卵による痛みを和らげる場合があります。

鎮痛剤を飲むと痛みを感じづらくなりますが、鎮痛剤では痛みが生じた根本的な原因を解決することにはなりません。根本的な原因をそのまま放っておくと、排卵のたびに鎮痛剤に頼って痛みを抑えることにつながります。鎮痛剤は「我慢できない痛みを一時的に抑えるものである」と意識し、鎮痛剤だけで排卵の痛みを解決することは避けましょう。

また鎮痛剤を飲みすぎると、薬の効果を感じる時間が短くなったり、薬そのものによって頭痛が誘発されるようになったりします。痛みが落ちつかないからと、過剰に服用したり、何日も連続して服用するのはやめましょう。

ピルを服用する

ピルを飲んで排卵を抑制すると、排卵に伴う症状も解消されます。『エストロゲン』を分泌させる卵胞刺激ホルモン、『プロゲステロン』を分泌させる黄体形成ホルモンが減少するので、卵胞は発育せず、排卵も起こりません。

ただし、悩んでいる症状が排卵期が原因でないと考えられる場合は、ピルを処方できない可能性があります。排卵期などの時期にかかわらず、偏頭痛や吐き気などの症状がある場合は、別の原因も考えられます。まずは診察を受けて、医師の判断を仰ぎましょう。

ピルを試してみたいならオンライン診療がおすすめ

低用量ピルを服用すると、排卵日前後はもちろんのこと、生理前後の諸症状を和らげることができます。ジェネリック医薬品のピルを選ぶと、1日あたり100円以下でピルの服用を始めることができます。

排卵日前後の症状が辛く、会社や学校を休みがちになっていたり、休日を満喫できなかったりしているなら、低用量ピルで症状を和らげましょう。痛みや吐き気などの症状に悩まない日々が手に入れば、ピルの金額は安いものです!

低用量ピルが気になるときは、オンライン診療を利用すると便利です!

排卵日前後の頭痛や腹痛、生理痛などに悩んでいるときは、病院へ足を運ぶのも面倒になりがちです。オンライン診療を利用すると、スマホさえあればどこでも診察を受けることができて、自宅などご希望の場所へピルをお届けすることができます。

「面倒だから」と診察を後回しにせず、気軽に受けられるオンライン診療を利用して、ピルの服用を始めませんか?

アプリで解決
お急ぎのピルの処方はスマホでオンライン処方がおすすめです! アフターピル・低用量ピル・月経移動ピルが誰にもバレずに、最短翌日に自宅に届きます♬ 

ピルのオンライン処方を試してみる!

>LINE相談はこちら


LINE相談

ピルを処方する