生理痛

子宮内膜症ってどんなもの?生理痛に悩んでいるならあなたも注意

子宮内膜症について知りたいと思っているあなた。月経のある女性なら誰もがなり得るため、女性なら詳しく知っておきたい病気の一つです。この記事では、子宮内膜症について症状から分類、治療方法まで詳しく解説します。

「生理痛が重くて痛み止めも効かない」「昔より生理痛が重くなっている気がする」など、少しでも思い当たることがあるなら注意が必要です。子宮内膜症についての知識を深めて、気になることがあれば病院を受診するようにしましょう。

子宮内膜症とは

子宮内膜症とは、本来子宮の内側にのみある子宮内膜が、それ以外の場所にできてしまう病気です。例えば、卵巣や子宮と直腸の間、子宮の筋肉の間などの場所によく見られます。子宮内膜症が発生する原因は現在までにはっきりと解明されていませんが、月経時に剥がれ落ちた子宮内膜が血の逆流によって別の場所に運ばれ、その場所で発育してしまうというのが有力な説です。

子宮内膜症は女性の10人に1人が罹患するとも言われる非常に身近な疾患で、月経のある女性なら誰でも罹患する可能性があります。また、子宮内膜症があるからといって必ず不妊になるわけではありませんが、不妊の原因の一つになる病気なので、妊娠を希望している女性は特に注意が必要です。

 

子宮内膜症の症状チェック

子宮内膜症に罹患したときの代表的な症状をご覧ください。

  • 痛み止めが利かないほど重い生理痛がある
  • 年々生理痛がひどくなっていく
  • 生理時以外でも下腹部痛がある
  • 性行為時に痛みを感じる
  • 排便痛がある
  • 肛門の奥に痛みを感じる
  • 不妊症である
  • 血尿や血便が見られる

参照:Nobelpharma

この中でも特によく見られる症状は、重い生理痛です。痛み止めを飲んでもあまり痛みが緩和されなかったり、年々痛みが増加したりするような生理痛は、子宮内膜症に罹患している女性の約90%に見られるとされています。「ただの生理痛だろう」と、市販の痛み止めでやり過ごしていた結果、病気が発覚する頃にはすでに進行してしまっていたということもあり得るため、生理痛が気になる人は特に注意してください。

それ以外にも、上記に当てはまる症状があるという人は病院で検査を受けることをおすすめします。ただし、子宮内膜症の症状の内容や程度は人それぞれなので、全ての人に同じ症状が出現するわけではありません。中には全く自覚できるような症状がなかったのに、別の検査などをきっかけにして子宮内膜症が見つかるというケースもあります。

 

子宮内膜症の分類

子宮内膜症は、発生部位や状態などによっていくつかの種類に分類されます。中には癌化するリスクのあるものなどもあり、種類によっては特に注意が必要です。

腹膜病変

腹腔の中にブルースポットと呼ばれる赤や赤紫で数㎜の小さな子宮内膜組織が見られる状態を、腹膜病変と言います。症状の軽い初期のものではありますが、腹膜病変を原因として臓器同士の癒着が発生することもあるため安心できるわけではありません。

卵巣チョコレート囊胞

子宮内膜症の中でも、卵巣に病巣ができ、嚢胞という袋状に分泌物が溜まった組織になったものをチョコレート嚢胞と言います。名前の通り、古い血液が溜まることでチョコレートのような色になることが特徴です。

チョコレート嚢胞は進行しても痛みなどの症状が分かりにくいことが多いですが、突然破裂して耐え難い痛みが発生し、緊急手術が必要になる可能性があります。また、チョコレート嚢胞の内1%程度の割合で癌化することが分かっているため、早めに手術での治療を行ったり定期的な検査を受けたりといった注意が必要です。

DIE

DIEとはdeep infiltrating endometriosisの略で、深部子宮内膜症と呼ばれます。ダグラス窩と呼ばれる子宮と直腸のくぼみに発生することが多く、画像では発見が難しいということが特徴です。また、手術での治療もしにくい場所にあるため、治療の面で見ても難しいという問題があります。

他臓器子宮内膜症

直腸や尿管、膀胱など上記以外の臓器にできた子宮内膜症のことです。子宮内膜症は子宮と直腸の間や卵巣などに発生することが多いので稀な例ではありますが、全身どこにでも発生する可能性があります。

参照:倉敷成人病センター/日本産婦人科医会

 

診断方法

子宮内膜症が疑われると、通常下記のような流れで診断が行われます。

  1. 問診
  2. 内診
  3. 超音波検査
  4. MRI、CT、血液検査(必要に応じて)

子宮内膜症の診断には主に問診、内診、超音波検査などから推定的に判断する臨床診断が行われます。確実に疾患が判明する確定診断のためには大掛かりな腹腔鏡や開腹手術などが必要になるため、手術治療を兼ねて行われることがほとんどであり、診断のためだけに行われることは滅多にありません。

 

治療法

子宮内膜症の治療には、薬物療法と手術療法の2種類があり、症状や患者の妊娠希望の有無などによって選択されます。それぞれのメリット、デメリットや患者のライフステージなど多くの条件を加味して検討することになりますので、医師とよく相談することが重要です。

手術治療

子宮内膜症が見つかったからといって、全ての患者がすぐに手術を必要とするわけではありませんが、下記に当てはまる場合は手術での治療が検討されます。

  • 薬物療法で効果が見られなかった
  • 6㎝以上の大きな腫瘍がある
  • 画像検査において悪性腫瘍が疑われる

手術での治療は、さらに保存手術と根治手術の2種類に分けられ、これも患者の妊娠希望の有無などによって決められます。

  • 保存手術
    子宮や卵巣は残し、病巣部分のみ取り除く方法です。今後妊娠を希望するか、妊娠を希望する可能性がある女性にはこちらが行われますが、根治手術と違って再発の可能性があります。
  • 根治手術
    子宮と卵巣を全摘出する方法です。今後妊娠を希望しない女性で、特に症状が強い患者に対して行われます。子宮と卵巣が取り除かれるため治療後は月経もなく、再発することもありません。

根治手術は再発の心配がなくなりますが、今後希望しても妊娠できないという特徴があります。特に若い女性ではその時点で妊娠希望がなくても、今後のことを考えて慎重に決断されなければなりません。

薬物治療

手術を行わない患者に対しては薬での治療が行われますが、一口に薬物治療と言っても、いくつか種類があり、状況に応じて選択されます。薬での治療を大きく分けると、痛みを緩和する目的で行われる対症療法と、病巣に対して働きかける内分泌療法の2種類です。内分泌療法にはさらに細かく種類が存在するなど、薬を使った治療方法は多岐にわたるため、医師とよく相談して検討することになります。

鎮痛剤

鎮痛剤を服用し、子宮内膜症による痛みの症状を抑える治療方法です。辛い痛みの症状を抑えることはできますが、病気の進行そのものを防いだり、遅らせたりする効果はありません。そのため、鎮痛剤を利用していても、子宮内膜症が進行してしまったら他の治療方法に切り替える必要があります。

また、患者の内20%程度の人には鎮痛剤が効かないとされており、その場合も他の治療法を検討しなければなりません。

GnRHアナログ製剤

ホルモン剤を利用した内分泌療法の中でも、GnRHアナログ製剤を利用したものを偽閉経療法と呼びます。

次に解説する低用量ピルでの治療に比べてエストロゲンの分泌レベルを低下させる程度が大きいため、効果も大きく一時的に内膜症を縮小することが可能です。ただし、最長で6ヶ月しか使用できないという制約があります。

低用量ピル(LEP)

ホルモン剤を利用した内分泌療法の内、低用量ピルを服用する方法です。低用量ピルは避妊法の一つとして知られていますが、排卵を抑制したり子宮内膜の増殖を抑えたりする作用から、子宮内膜症の治療にも利用されています。

先に紹介したGnRHアナログ製剤を使ったホルモン治療とは異なり、内膜症そのものを縮小させるほどの効果はありませんが、病気の進行をくい止めたり遅らせたりすることが可能です。ただし、血栓症の副作用があるため、喫煙者を含む血栓症リスクの高い人は利用できないことがあります。

 

子宮内膜症の症状に覚えがあれば病院へ

この記事では、子宮内膜症について解説しました。子宮内膜症は10人に1人の女性が罹患する身近な疾患です。直接的に命に関わるような病気ではありませんが、重い生理痛の症状があるなど決して軽く見ても良いものでもありません。

もしも重い生理痛で悩んでいるなど、子宮内膜症が疑われるのであれば病院で診察を受けるべきです。まずは一人で自己判断するのではなく、少しでも不安な症状があれば病院で然るべき検査を行うようにしましょう。