中絶

中絶手術の費用|各病院の相場や安く済むコツまで教えます

「中絶費用っていくらくらいかかるんだろう?」とお悩みではありませんか?

そこでこの記事では中絶手術にかかる費用について詳しく解説します。さらに主な病院の実際の手術費用を一覧にして相場を出し、中絶費用を安く済ませる方法まで紹介しているので、もう中絶費用のことで悩むことはなくなるはずです!

それでは早速中絶費用について学んでいきましょう!

主な病院の中絶手術費用一覧

中絶手術は妊娠週数によって「初期中絶」と「中期中絶」に分類され、どちらの中絶になるかで費用が大きく異なります。

人工妊娠中絶(堕胎)とは?費用や病院の選び方まで医師が徹底解説人工妊娠中絶とは、人の手によって妊娠を中断させる行為のことです。中絶は行う時期によって手術方法が異なり、それに伴って母体にかかる負担やリスク、費用なども変わります。中絶を検討している方や手術が不安で中絶しようか迷っているという方は、この記事を読んで知識を深めできるだけ早く病院を受診しましょう。...

以下に主な病院の中絶費用を初期中絶と中期中絶の場合に分けてまとめました

なお、中絶費用は必ずしも安ければ安いほどいいというわけではないですし、経過週数や状態によっても大きく変わるので、あくまで相場の目安として考えてください。

初期中絶の費用

初期中絶の費用は総額で10万円〜15万円が相場です。

総額 診察代 検査・薬代 麻酔・手術代
新宿駅前クリニック

(東京)

118,000円〜 初診3000円 無料 115,000円〜

せいこレディースクリニック

(東京)

165,000円〜 165,000円〜

慈英会マタニティホスピタル

(神奈川)

140,000円〜 140,000円〜
仙台駅前婦人科クリニック

(宮城)

124,300円〜 初診3,300円

再診2,200円

無料 121,000円〜
天神駅前婦人科クリニック

(福岡)

118,800円〜 初診3,300円 16,500円 99,000円〜
妊娠初期の中絶はいつまで?費用や方法まで医師が徹底解説!妊娠初期の中絶は、中期に入ってからの手術と大きく異なることをご存知でしょうか。妊娠初期では、中期に比べてさまざまな負担やリスクが少なくなります。妊娠11週までの中絶について解説しますので、手術が必要な人は速やかに医師に相談してください。...

中期中絶の費用

中期中絶の費用は総額で50万円〜60万円が相場です。ただし中期中絶の場合は出産育児一時金を利用することができるので、実際に負担するのは15万円ほどになることが多いようです。

総額 診察代 検査・薬代 麻酔・手術代 入院費 埋葬費
慈英会マタニティホスピタル

(神奈川)

520,000円〜 50,0000円〜 20,000円
島岡医院(京都) 500,000円〜 5,000円 495,000円〜
永井産婦人科病院

(東京)

554,000円〜
妊娠中期での中絶費用はどれくらい?痛みや出産一時金のことについても解説この記事では、妊娠中期での中絶で発生する費用、もらえる一時金についてなど、お金についてのことを詳しく解説します。辛い中で、現実的なお金のことも考えるのは大変ですが、しっかりと確認しましょう。...

中絶手術にかかる費用

中絶手術には「診察代」「検査・薬代」「麻酔代」「手術代」「入院費」「埋葬費」の6つの費用がかかります。

診察代

診察代は、最初に相談を訪れた際や術後の経過観察の際にかかる費用のことです。

最初の相談だけで1万円以上かかる病院もあるので、まずは無料相談ができる病院を訪れることがおすすめです。

メディオンクリニックでは、費用やおすすめの病院など中絶に関する無料を行っています。まずはご相談ください。

中絶相談はこちらから

>中絶相談専用LINE@

検査・薬代

手術前には胎児の状態を確認するエコー検査だけでなく、HIVなどの感染症や血液検査を行う場合があります。また術後には抗生剤や鎮痛剤などが処方されるケースも多いです。

検査・薬代は10,000円~50,000円程度が目安です。

麻酔代

手術前に痛みを取り除く麻酔の使用にかかる費用です。

麻酔代は静脈麻酔を選択した場合は5万円程度、局所麻酔を選択した場合には3万円程度かかります。

手術代

手術代は中絶費用の大部分を占める費用で、医師の技術費や看護師の人件費、消毒費などが含まれています。手術代は手術様式によって大きく異なり、9万円〜15万円が目安です。

入院費

術後の経過を観察するために中期中絶の場合は2~3日、初期中絶の場合は0~1日の入院が必要になります。入院費にはベッドやシーツ代、病院食代、診察費などが含まれています。

一泊につき1万円程度が目安です。

埋葬費

妊娠12週以降の中絶(中期中絶)の場合は胎児は死亡したと認識されるため死産届けの提出や埋葬が必要です。費用は数千円程度なので手術代に含まれているケースも多いですが、まれに別途請求されることもあるので注意しましょう。

中絶費用を安く済ませるコツ

医療費控除を利用する

医療費控除とは、年間の医療費が10万円を超えた場合に所得税が減免される制度のことです。

医師のもとで正しく行った中絶手術であれば必ず医療費控除の対象となります

あとからお金が返ってくる制度なので一度は全額を支払う必要がありますが、実質的な費用を抑えるもっとも良い方法です。

医療費控除を受けるために確定申告を自分でする必要があります

分割払いやクレジットカードが使える病院を選ぶ

中絶費用は額が大きいため、分割払いやクレジットカード払いに対応している病院もあります。分割払いやクレジットカード払いを利用すれば手元にお金がなくても手術を受けることができます

ただし分割払いが可能な病院でも、支払い回数がそれほど多く設定されてないことがほとんどなので、支払い回数についても確認しておきましょう。

中絶費用を支払えない場合の対処法は?医療制度などについても解説この記事では、中絶にかかる費用や、費用を払えない場合の対処法をご紹介しています。費用のことは心配ですが、しっかり知って対策すれば払えることもあります。まずは必要な費用や、使える医療制度について知りましょう。...

よくある質問

中絶費用は保険適用される?

中絶手術は基本的に保険適用外なので全額自己負担になります。

ただし病気の治療の一環としてやむなく中絶手術をする場合には保険を適用することができるようです。

また自己都合の中絶であっても性被害にあった末に中絶手術を受ける場合には公費負担制度の対象となるため、警察がその費用の全額または一部を負担してくれる可能性があります。

詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

中絶手術は保険適用になる?中絶手術で利用できる保険制度について解説中絶はほとんどの場合保険の適用ができません。ただし状況によっては保険制度が適用できる場合もあります。今回はどのような場合に保険の対象になるのか解説します。...

出産育児一時金って何?

出産育児一時金は、女性が出産・死産・流産した際に補助費用として支給されるお金のことです。

妊娠12週以降の中期中絶は「死産」として扱われるため出産育児一時金の対象となります。支給額は医療機関によって異なりますが、404,000円〜420,000円です。

かなりの額が支給されるので中期中絶の場合は必ず利用しましょう

中絶費用 まとめ

中絶費用 まとめ
  • 初期中絶の相場は10万円〜15万円
  • 中期中絶の相場は50万円〜60万円
  • 費用は「診察代」「検査・薬代」「麻酔代」「手術代」「入院費」「埋葬費」の6種類
  • 安くするには医療費控除や分割払いがおすすめ!

今回は中絶にかかる費用について説明しました。相場や費用の内訳がお分かりいただけたのではないかと思います。

ただし中絶費用は安ければ安いほどいいというわけでもないので、まずは専門家にご相談ください。メディオンクリニックでは中絶費用やおすすめの病院に関して無料相談を行っております。お気軽にお声掛けください。

中絶相談はこちらから

>中絶相談専用LINE@

 

 

 

 

アプリで解決
お急ぎのピルの処方はスマホでオンライン処方がおすすめです! アフターピル・低用量ピル・月経移動ピルが誰にもバレずに、最短翌日に自宅に届きます♬ 

ピルのオンライン処方を試してみる!

>LINE相談はこちら


LINE相談

ピルを処方する