中絶

中絶すると妊娠しにくくなるのは本当?なぜそう言われるのかについて解説

「中絶すると今後妊娠しにくくなってしまうのではないか」ということを気にする方は多いかと思います。実際、中絶がその後の妊娠に与える影響は0ではありませ中絶によって将来不妊になってしまわないためには、中絶手術のリスクを知りリスクをできるだけ低くするための対策をご自身でも行うことが大切です。

この記事では、中絶手術の不妊リスクとその原因、対策について詳しく解説していきます。中絶手術を控えていて今後妊娠できるかどうか心配という方は参考になさってください。

中絶すると妊娠しにくい体になる?

中絶を控えている方であれば、「中絶すると今後妊娠しにくくなってしまうのでは」と不安に思うのは当然のことでしょう。結論としては、中絶がその後の妊娠に影響を与える可能性は0ではありません。ただしよほど重い合併症を起こさない限りは、中絶手術がきっかけで妊娠しにくくなることはまれです。

中絶手術がきっかけで起こる合併症とは、主に以下の症状を指します。

  • 感染症
  • 子宮の損傷
  • 子宮内膜の癒着

中絶手術に対する医療環境が整っている病院で手術を受ければこのような合併症が起こることはほとんどありませんが、0ではない以上リスクとして知識を深めておくことが大切です。合併症にはそれぞれ原因があり、病院は合併症が起こらないよう細心の注意を払って手術を行っています。

しかしリスクを最小限に抑えるためには、病院に頼るだけではなくご自身で対策を行うことが不可欠です。次の項では、今後の妊娠に影響を与える合併症が起きる原因と対策について解説していきます。

妊娠しにくくなる原因と対策

妊娠しにくくなる原因=合併症は、中絶手術自体が持つリスクや病院側の問題によって起こります。ここでは、合併症の原因と対策について詳しく解説していきます。

手術後に感染症にかかる

中絶手術は子宮頸管を広げた状態で行うため、通常よりも感染症にかかる危険性が高い状態にあります。感染症にかかると出血や発熱、下腹部の痛みなどの症状が生じるため、早急な治療が必要です。

原因

手術は子宮頸管が広げて行うため、感染症を引き起こすリスクは高くなります。子宮頸管とは、子宮の内側の入り口から外側の入り口までの部分のことです。中絶手術はまず子宮頸管を広げ、次に専用の手術器具を挿入して胎児やそのほかの組織を取り除く方法で行います。

衛生状態の保たれた施設、手術器具で行う手術であれば感染症を引き起こすことは極めてまれです。ただし、手術を受ける患者にもともとクラミジアなどの性病感染があると感染リスクは一気に増大します。性病に感染している状態で中絶手術を受けると骨盤腹膜炎などの重い感染症を引き起こす危険性が高まるため、中絶を行う病院では感染リスクを最小限にすべく手術前の性病検査と治療を徹底して行っています。

対策

感染症リスクを最小限に抑える対策としては、少なくとも手術の当日と翌日は自宅で安静に過ごすことが挙げられます。これは手術によって広げられた子宮頸管は術後もしばらくは拡張状態にあることから、むやみに動くと感染リスクを高めてしまうことにつながるためです。

お風呂に関しては、基本的にはシャワーであれば手術当日から浴びて問題ありません。ただし入浴(湯船に浸かる)は感染予防のため医師の許可が出るまで避けましょう。また多くの場合、手術後は生理のような出血が起こります。出血があった際につける生理用ナプキンをこまめに取り換え、清潔状態を保つことが大切です。

病院側の問題

病院側の医療環境に問題があると、子宮の損傷や感染症などの重い合併症を引き起こす原因となることがあるため注意が必要です。ここでは、合併症の原因となる病院側の問題とその対策について詳しく解説していきます。

原因

合併症を引き起こす病院側の問題としては、大きく分けて以下の2つが挙げられます。

  • 手術器具の消毒がきちんと行われていない
  • 手術を執刀する医師の技術が未熟、または経験が浅い

手術器具の消毒がきちんと行われていない場合、感染症にかかる危険性が高まります。ただ日本の病院は手術室や手術器具などの衛生管理を徹底して行っているため、消毒が不十分な状態で手術の臨むことはほぼありません。

一方手術を担当する医師の技術や経験不足が原因で、子宮を損傷したり子宮の組織を一部取り残したりしてしまうことがあります。特に子宮頸管を広げる処置は技術的に難しく、損傷を起こしやすいとされています。また鉗子などの手術器具の乱雑な取り扱いも、子宮の損傷につながる原因のひとつです。

対策

病院側の問題による合併症を防ぐために有効な対策は、母体保護法指定医の指定を受けている病院・医師を選ぶことです。母体保護法指定医とは、都道府県医師会から母体保護法が定める条件(医師の技術や人格、病院の設備)を満たしていると認められた医師・病院のことを指します。

母体保護法では中絶手術は母体保護法指定医の指定を受けた病院・医師のみ行うことができると定めていますが、2013年に法律の一部が改正され指定を受けていない医師・病院であっても一定の条件を満たせば中絶を行うことが出来るようになりました。

そのため合併症リスクを最小化する対策としては、母体保護法指定医師が在籍する病院を選ぶことが最も安心で最善といえます。

子宮内膜が癒着してしまう

中絶手術によって子宮内膜が癒着してしまうと、将来の妊娠に影響を与える可能性があります。ここでは、子宮内膜の癒着を引き起こす原因と対策について解説していきます。

原因

中絶手術では胎児をはじめとした子宮の内容物を取り除く処置を行いますが、その過程で子宮の内膜が剥がれてしまうことがあります。子宮内膜が剥がれると傷ついた箇所の組織同士が癒着を起こすことがあり、この症状のことをアッシャーマン症候群と言います。

アッシャーマン症候群はめったに起こるものではなく(可能性は1%以下)、また命を脅かすような症状ではないことから世間ではあまり知られていません。しかし不妊の原因となる可能性が高く、リスクとして知識を得ておくことは非常に大切です。

アッシャーマン症候群=子宮内膜の癒着を発症すると排卵が正常に行われていたとしても生理の出血量が急激に減少したり、生理自体が起こらなくなったりします。さらに癒着によって子宮内膜の成長が妨げられるため受精卵が着床しにくくなり、不妊の原因となってしまうのです。

対策

子宮内膜の癒着を防ぐには、何回も繰り返し中絶を行うようなことにならないよう避妊を徹底することが大切です。中絶手術によって子宮内膜の癒着が起こる確率は1%程度と非常に低いですが、何回も中絶を繰り返せばそれだけ確率は高くなってしまいます。

また中絶を繰り返し行うと子宮内膜が薄くなってしまうため、受精卵が着床しにくくなり不妊の原因とある可能性があります。子宮内膜が薄くなってしまった場合の不妊治療は非常に難しいとされていて、このような難治性不妊を抱えないためにもコンドームだけでなくより避妊効果の高い低用量ピルやアフターピルを普段の避妊手段として取り入れるようにしましょう。

中絶手術をすると流産しやすくなる?

「中絶手術をするとその後妊娠しても流産しやすくなる」ということを耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか。ここでは、流産と中絶の違いから流産が起こる原因、中絶が流産を引き起こすことがあるのかどうかについて詳しく解説していきます。

流産と中絶の違い

流産と中絶にはどのような違いがあるのでしょうか。流産とは出産を望んでいたにも関わらず、妊娠22週未満(妊娠21週と6日)なでの時期に胎児が何らかの要因によって子宮内で死亡してしまう状態です(妊娠22週以降に胎児が子宮内で死亡した場合は「死産」となります)。

一方中絶とはさまざまな事情で出産できない女性に対し、人工的に胎児を子宮内から取り出すことを指します。中絶は本来刑法で禁止されている行為ですが、母体保護法によって以下の条件を満たす場合のみ行うことができると定められています。

  • 身体的または経済的理由で出産が難しい場合
  • 暴行や脅迫、または抵抗・拒絶することが出来ない状態でレイプされ妊娠した場合

中絶手術を受けることが出来るのは、妊娠22週未満(妊娠21週と6日)までです。妊娠22週を過ぎた場合、たとえ上記の条件を満たしていたとしても中絶することはできません。

流産の原因

流産の原因のほとんどは、胎児の染色体異常です。この場合、流産するかどうかは精子と卵子が受精した段階で決まっています。流産した女性の中には「運動したのが良くなかったんじゃないか」「妊娠に気づかずに薬を飲んでしまったのが悪かったのでは」などとご自身の行動を責める方も多くいますが、妊娠初期の流産の場合母体側が原因となることはほとんどありません

流産する確率は15%前後と比較的高く、6人に1人の割合で起こります。流産のほとんどは妊娠12週までの妊娠初期に起こり、初期流産の約85%が胎児の染色体異常によるものです。また、染色体異常の発生率は妊婦の年齢が上がるにつれて高くなるといわれています。

中絶すると流産しやすくなる?

中絶すると、その後の妊娠で流産が起こりやすい傾向にあります。慶応義塾大学病院が行った研究では中絶歴がない女性の流産率は27.1%であったのに対し、中絶歴がある女性の流産率は48.5%と倍近く高くなったことが報告されています。

また出産歴のある女性の次回妊娠で流産が起こる確率が約12%であるのに対し、中絶後の次回妊娠で流産が起こる確率は約63%と非常に高いことも示されており、中絶がその後に流産を引き起こす可能性は十分にあるといえるでしょう。

参考:慶應義塾大学病院産婦人科 8)不育症と人工妊娠中絶

中絶を繰り返した場合は妊娠しにくい体になる?

現在の日本では中絶手術の安全性が確立されていることで、中絶に対する認識が比較的ルーズになっている傾向があります。中には「安全なのだから繰り返し中絶しても問題ないのでは」と考える方もいるかもしれませんが、中絶は不妊を引き起こす可能性のあるリスクを伴う行為です。ここでは、中絶によって不妊リスクが高くなる原因と対策について解説していきます。

リスクは高くなる

中絶を繰り返すと、その後妊娠しにくくなる可能性が高くなります。ではなぜ中絶を繰り返すことで、不妊リスクは高くなるのでしょうか。

原因

中絶手術はリスクを伴う行為です。一度の中絶手術でその後の妊娠に影響を与えるような重い合併症を引き起こすことはほとんどありませんが、何回も中絶すれば必然的に合併症リスクは増大し妊娠しにくくなる可能性も高くなってしまいます

中絶を繰り返したことで子宮頸管無力症を発症したり子宮内膜が薄くなったりしてしまった場合の不妊治療は非常に難しく、結果妊娠をあきらめざるを得なくなった女性も少なくないのが実情です。中絶を経験した方はその後も中絶を繰り返す割合が高くなるといわれていて、避妊や家族計画の重要性が認識されていないことが近年問題視されています。

対策

中絶を繰り返さないためには、避妊を徹底して行うことが何より大切です。一般的に使用されているコンドームは正しく使用方法で使用すれば高い避妊効果が期待できるものの、一般的な使用方法で使用した場合の避妊率は約80%程度と意外にもそれほど高い避妊効果はありません。そのため、コンドームとは別により効果の高い避妊手段を取り入れることが不可欠です。

現在数ある避妊手段の中で最も高い避妊効果が期待できるのは「低用量ピル(経口避妊薬)」で、飲み忘れなどなく毎日服用すればその避妊率は99%以上にも及びます。また、アフターピル(緊急避妊薬)も性行為から3日以内(薬によっては5日以内)に服用すれば95%以上の確率で妊娠を防ぐことができる高い避妊効果を持つ避妊薬です。

中絶を繰り返さないために、妊娠を望んでいない期間はコンドームと併用して低用量ピルやアフターピルを服用ことをおすすめします。

低用量ピル、アフターピルについてもっと詳しく知りたいという方は、こちらの記事を参考になさってください。

ピルの効果は?いつから効果があるの?服用する意外なメリットについても解説ピルを服用した場合、いつからどのような効果が現れるのかご存知でしょうか?低用量ピルの服用を検討しているなら、効果の内容や期間については特...
アフターピル(緊急避妊薬)とは?効果や値段について現役医師が解説「アフターピルを使いたいけどどんな効果があるの?値段や購入方法は?」あなたは今、そうお考えではありませんか?避妊に失敗してしまった場合、...

一番影響が少ないのは妊娠9周未満

この記事では、中絶すると妊娠しにくくなるといわれる理由について解説しました。中絶手術は妊娠22週未満であれば行うことができますが、手術の時期が遅くなればなるほど母体にかかるリスクは高くなってしまいます。中絶は妊娠9週未満の時期が最も母体にかかる負担が小さくリスクも低いため、妊娠が発覚して中絶を考えている方は早急に病院を受診しましょう。

アプリで解決
お急ぎのピルの処方はスマホでオンライン処方がおすすめです! アフターピル・低用量ピル・月経移動ピルが誰にもバレずに、最短翌日に自宅に届きます♬ 

ピルのオンライン処方を試してみる!

>LINE相談はこちら


LINE相談

ピルを処方する