避妊

ヤーズ(超低用量ピル)に避妊効果ってあるの?中出ししても大丈夫?

ヤーズは、ドイツのバイエル薬品が販売している超低用量ピルです。「超低用量ピルでも避妊効果ってあるの?」「中出ししても大丈夫?」と疑問に思う方も少なくありません。

超低用量ピルのヤーズを服用している場合の避妊効果と、中出ししても問題ないのかを調べてみました。

ヤーズ(超低用量ピル)とは?

ヤーズはドイツのバイエル薬品が販売しているピルで、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンを含んでいます。ヤーズはドロスピレノン(第四世代)と呼ばれており、効果はそのままなのに副作用がほとんど発生しません。実薬服用期間が24日間で休薬期間が4日間という点も低用量ピルとの違いの一つです。ホルモンの変動が少なくなるので、副作用が起きにくいという結果に。

ピルの分類は1錠中に含まれるエストロゲンの量により決定されます。

高用量  エストロゲンの量が1錠中50μgより多い
中用量  エストロゲンの量が1錠中50μg
低用量  エストロゲンの量が1錠中50μgより少ない
超低用量 エストロゲンの量が1錠中30μgより少ない

従来、生理不順解消のために多く用いられていたのは低用量ピルと呼ばれているものです。超低用量ピルに該当しているヤーズはエストロゲンの量が30μg以下とかなり少量。

また、バイエルン社はヤーズの他にヤーズフレックスという低用量ピルの販売も行なっているので、用途によっての使い分けが可能です。

また、ヤーズはピルの中で唯一抗ミネラルコルチコイド作用を含んでおり、生理前や生理中でもむくみにくくなると言われています。生理中や生理前のむくみに悩んでいる女性は少なくないので、ありがたい効果ですね。

効果

ヤーズの服用によっていくつかの効果が期待できます。ヤーズの服用によって得られる効果は以下の通りです。

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]

  • 子宮内膜の厚みを抑える
  • 生理痛の緩和
  • 腰痛の改善
  • 頭痛の改善
  • 避妊効果

[/list]

子宮内膜が厚くならないようにして痛みの原因をなる物質(プロスタグランジン)を抑制。子宮が厚くなることで発症する子宮内膜増殖症や子宮筋腫などの病気を防ぐ効果が期待できます。また、痛みの原因を抑えてくれるので生理痛や腰痛・頭痛などの改善も期待できるので、生理痛がかなりひどいという方にもおすすめ。

 

ヤーズ服用のメリット

ヤーズ服用のメリットはいくつかあります。ヤーズのメリットは以下の通りです。

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]

  • 超低用量ピルなので副作用が少ない
  • ホルモン含有量が少なくても効果が高い

[/list]

超低用量ピルなので副作用が少なく、安心して使用できるというのが大きなメリット。ホルモン含有量が少ないのに効果もかなり高めです。

ヤーズの避妊効果は?中だししても大丈夫?

低用量ピルは服用期間中であれば一定の避妊効果があることで知られています。では、超低用量ピルであるヤーズの避妊効果はどうなのでしょうか?ピルの使用による避妊効果を期待する方も少なくないので、気になるところですよね。

過去の臨床試験では98.88%の避妊効果が期待できるという結果が出ています。低用量以上に副作用が少ないのに低用量ピルと比較しても遜色のない高い避妊率となっていますね。中だしをしても問題のない数値と言えます。

しかし、上記の数値は正しい用法用量を守った場合の数値になります。ヤーズの服用により高い避妊効果を期待しているという方はしっかり守りましょう。

 

個人通販で買っても大丈夫?

インターネットでヤーズを検索してみると、個人通販サイトなどで販売されているのを多く見かけます。通販は自宅から気軽に購入できる方法なので、利用したいと考える方も少なくありません。

しかし、個人通販からのピルの購入はおすすめできません。超低用量のピルとはいえ、服用の副作用や注意点などもあります。例えば、35歳以上の方や喫煙者の服用は厳禁だったりと服用条件は様々。

また、個人通販で販売されている超低用量ピルが偽造である可能性も否めません。実際に、世界中で偽造薬が問題になっています。 見た目は本物の薬と全く同じなので、素人目にはなかなか判断がつきません。

また、価格が正規の価格よりも安く設定されているケースが多いので、お得感を感じ購入を検討するという方も少なくありません。個人通販で購入したピルが偽造薬だった場合、以下のケースが考えられます。

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]

  • 有効成分が一切含まれていない
  • 有効成分は含まれているが毒物も含まれている

[/list]

有効成分が一切含まれていないというのが一番多いケースです。成分が入っていないので生理を整えてくれる効果や避妊効果は一切ありません。何も入っていない空っぽのカプセルを気づかずにずっと飲み続けることになります。

また、ピルの有効成分は含まれているが、毒物も含まれているというケース。有効成分は問題なく含まれていても本来必要のない重金属などの成分が余分に含まれている可能性があります。貴金属は体に悪影響を与えるような成分を含んでいるので、注意が必要です。

体に悪影響がある成分が含まれている偽造薬は、長い期間服用を続けていく中で徐々に体を蝕んで行きます。すぐに体に影響が出ることはないので、気づいたときには体がボロボロに。お金を払って体を危険にさらしていることになります。

間違った使用や偽造薬の服用は体に影響を及ぼす可能性もあるので、必ず医師から購入するようにしましょう。

参考:海外のニセ薬問題について(厚生労働省)

ピルを購入する際は医師に相談するのが一番安心

ピルは生理周期を整えたり症状を緩和したりと良い影響を与えてくれるありがたい存在。用法容量をしっかりと守ることで、高い避妊効果も期待できます。

ピルは引用することで体に影響を与えるものなので、医師に相談し購入するのが一番安心ですね。病院に行くのが面倒な方はオンライン診療がおすすめです。自宅にいながら医師の診療を受けることが可能なので、外出する必要もありません。

低用量ピルの購入を希望しているのであれば、ぜひ利用してみてくださいね。