未分類

ピル(経口避妊薬)ってなに?意外と知られていないピルを飲むメリット

「避妊したいからピルを飲みたいけど、ピルってどんな薬なんだろう?」と思っていませんか?
ピルを飲むメリットは、実は避妊以外にもたくさんあります!

ピルにも様々な種類があって、特徴も違っており、自分の悩みに適したピルを選ぶことが大事です。

この記事では、ピルの種類や、ピルで避妊ができる理由、ピルを飲むメリット、ピルへの疑問などを解説しています。
ピルを正しく理解して賢く服用を開始しましょう。

ピルとは?

ピルは経口用避妊薬とも呼ばれて、女性ホルモンが含まれる錠剤を服用することで、妊娠をコントロールすることができます。
避妊以外にも、月経困難症や子宮内膜症の治療目的で、使用されることもあります。

日本人女性のピル服用率は4%程度ですが、諸外国ではピルはとても身近な存在です。
世界では1億人以上の女性がピルを服用しており、フランスでは約33%、アメリカでは約14%の女性がピルを服用しているというデータも…。
臨床試験も活発に行われている、安全性の高い薬です。

ピルの種類は?

現在日本で使用されているピルは、低用量ピル・中用量ピル・アフターピル・超低用量ピルの4種類です。
それぞれのピルの特徴や、ピルを飲むメリットについて解説します。

低用量ピル

避妊・月経移動・月経困難症の治療・子宮内膜症の治療などの目的で、低用量ピルが使用されます。
月経困難症の治療・子宮内膜症の治療目的では、保険適用される場合があります。
(当クリニックでは保険診療を実施しておらず、すべて自費診療になります。)

毎日同じ時間にピルを飲むだけで避妊が可能なこと、女性が主体となって行える避妊方法であることから、人気を集めています。

女性ホルモンの量が整うことで、生理不順、月経過多、生理痛、生理前〜生理中のイライラ・眠気・食欲不振、ニキビや肌荒れなどの改善にも役立ちます。

当クリニックでは、先発品の『マーベロン』『トリキュラー』、ジェネリック薬の『ファボワール』『ラベルフィーユ』の4種類の低用量ピルを取り扱っています。
2000円(1ヶ月分)から、低用量ピルの購入が可能です!

中用量ピル

低用量ピルと同様に、避妊・月経移動・月経困難症の治療・子宮内膜症の治療などの目的で使用されます。

低用量ピルに比べて多量の女性ホルモンが含まれており、副作用も大きいため、現在ではあまり使用されなくなりました。
低用量ピルでは治療効果を感じられない場合に、中用量ピルへ変更されることがあります。

中用量ピルを使用して月経移動をする場合、低用量ピルに比べて短い準備期間で月経移動を行えるというメリットがあります。
当クリニックでは、月経移動を目的として、中用量ピルの『プラノバール』を取り扱っております。(対面診療のみ)

性行為後に避妊を希望する際にも、中用量ピルを使用することができます。
アフターピルの方が、避妊成功率が高く副作用も少ないため、現在はアフターピルを使って性行為後の避妊を行うことが主流となっています。

中用量ピルとは?副作用や種類についても解説「ピルには種類があるけど、中用量ピルって何?低用量ピルと何が違うの?」あなたは今、そうお考えではありませんか?ピルの種類によって効果に違...

アフターピル

アフターピルは、性行為後に避妊を希望する場合に使う、『緊急用』のピルです。
コンドームが破れてしまった場合、コンドームをせずに性交渉してしまった場合などに使用します。

性交渉の72時間後までにアフターピルを服用すると、98%以上の高確率で避妊できます。

日本では、アフターピルが保険適用されておらず、すべて自費診療になります。
ピルの種類によって価格差がありますが、1万円以上必要になる場合が多いです。

当クリニックでは、海外製ジェネリック薬を含む4種類のアフターピルを用意しておりますので、5000円からアフターピルを購入することができます。

アフターピル(緊急避妊薬)とは?効果や値段について現役医師が解説「アフターピルを使いたいけどどんな効果があるの?値段や購入方法は?」あなたは今、そうお考えではありませんか?避妊に失敗してしまった場合、...

超低用量ピル

超低用量ピルは、低用量ピルと同様に、避妊・月経移動・月経困難症の治療・子宮内膜症の治療などの目的で使用されます。

超低用量ピルは、女性ホルモンの含有量が少ないために、女性ホルモンが原因となる副作用が起こりにくいと考えられています。
低用量ピルを服用し始めたものの、頭痛や吐き気といった副作用が辛い場合に、超低用量ピルに変更されることがあります。

※当クリニックでは、超低用量ピルの処方を行っていません。

ピルでなぜ避妊ができるのか

ピルで避妊できる仕組みは、これから紹介する①〜③の3つのはたらきによるものです。
3段階でバリアを作ることによって、ほぼ妊娠しない状態を作ります。

超低用量ピル・低用量ピル・中用量ピルには、『エストロゲン』『プロゲステロン』という、2種類の女性ホルモンが含まれています。
『エストロゲン』と『プロゲステロン』は体内にもともと存在するものですが、ピルで摂取することによって、体内の他のホルモンの分泌に影響して、避妊することができます。

ピル説明図(あすか製薬)

引用:経口避妊薬(OC)について|OCによる避妊① | あすか製薬株式会社

  1. ピルを服用すると、『エストロゲン』と『プロゲステロン』の量が体内で増えます。
    『エストロゲン』と『プロゲステロン』が体内で増えすぎることを防ぐために、脳から指令が出るので、卵巣からは『エストロゲン』と『プロゲステロン』が分泌されなくなります。
  2. 脳から指令が出ることで、『エストロゲン』を分泌させるFSH(卵胞刺激ホルモン)、『プロゲステロン』を分泌させるLH(黄体形成ホルモン)も減少するので、卵胞は発育せず、排卵も起こりません。
  3. 『プロゲステロン』の作用によって、子宮内膜が薄いまま保たれるので、着床しにくい状態になります。
  4. 『プロゲステロン』の作用によって、子宮頸管の粘液が変質して濃厚になるので、子宮内に精子が入りにくくなります。

よくある質問

ピルについてのよくある質問をまとめてみました。

副作用はあるの?

ピルによる副作用は、「超低用量ピル・低用量ピル・中用量ピル」と「アフターピル」で、少し性質が違います。

「超低用量ピル・低用量ピル・中用量ピル」の副作用はほぼ同じですが、ピルに含まれる女性ホルモン量が増えるほど、副作用も大きくなりやすいです。

超低用量ピル・低用量ピル・中用量ピル

飲み始めの2〜3週間程度、吐き気・頭痛・不正出血・乳房のはりが起こる場合があります。
ピルに含まれる女性ホルモン量が多いほど、副作用が発生すると言われています。

エストロゲンというホルモンの影響により、血栓ができるリスクが上昇するという副作用があります。
しかし、妊娠中に血栓ができるリスクの方が格段に高く、ピル服用で血栓ができるリスクは微々たるものであり、それほど深刻に心配する必要はありません。
血栓ができていないことを確認するために、定期的に血液検査や血圧測定を実施するクリニックが多いです。

アフターピル

アフターピルは、ピルに含まれる女性ホルモン量が多いために吐き気を感じる方が多く、中には嘔吐してしまう方もいます。

アフターピルを飲んでから2時間以内に嘔吐してしまうと、ピルの成分が体外へ出てしまい、効果が薄れます。吐き気が出た場合は、できるだけ安静にし吐き気止めを服用する等の対処をして、嘔吐しないように注意しましょう。

アフターピルには、エストロゲンという女性ホルモンが含まれていないため、血栓リスク上昇の副作用はありません。

将来の妊娠に影響ある?

ピルを飲んでいても、将来の妊娠には影響がありません!

妊娠を希望する場合、ピルの服用を中止して数ヶ月経てば、排卵が再開されて妊娠できるようになります。
ピルの服用を中止した約9割の方が、3ヶ月以内に排卵が再開されて、妊娠できる状態へ回復します。

ピルの服用歴と、妊娠のしやすさには、関連がないこともわかっています。
ピルを服用していた方のピル中止後の妊娠率と、ピルを服用したことがない方の妊娠率には差がなく、ピルの服用年数の長さによる妊娠率の差もないというデータが出ています。

リング(IUD)や卵管結紮術で避妊している場合は、妊娠を希望する場合に病院で処置してもらう必要があり、手間がかかります。
ピルで避妊している場合は、ピルの服用をやめるだけで妊娠が可能になるので、簡単に妊娠できる状態へ回復させることができます。

ピルを飲んでも太らない?

ピルを服用することが直接の原因になって太ることは、ほとんどないと言われています。
しかし、ピルを服用して生理痛や吐き気などが落ち着いたことで、生理前や生理中の食欲不振がなくなった結果、太ってしまうことがあります。
逆に、生理前や生理中に食欲が増していた場合は、食欲が元に戻って痩せることもあります。

また、ピルを飲むと女性ホルモンが増えるため、体内の保水力が高まり、水分が増えたことで体重が増えることがあります。
こちらは水分が増えただけで脂肪がついたわけではないので、それほど悩む必要はありません。

どうやって購入するの?

ピルは「医療用医薬品」に分類されており、ドラッグストアなどで購入することはできません。

保険が適用される場合は、医師の処方せんをもとにして、病院や調剤薬局で処方されます。
保険が適用されず自費で購入する場合も、医師の診察を受けてから、病院や調剤薬局で購入します。

海外通販などでも購入することができますが、通販でのピル購入はリスクが高くおすすめしません。
[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]

  • 営業目的の医薬品の個人輸入を規制する「医薬品医療機器等法」に違反している可能性がある
  • いわゆる「ニセ薬」が送られてくることがある
  • 医師の診察を受けないため、自分に適したピルを選ぶことができない
  • 医師の診察を受けないため、ピルの服用自体が適していない場合も気づくことができない
  • 医師の指導を受けないため、副作用についての知識がないままピルを服用する
  • 医師の指導を受けないため、飲み忘れた場合に正しく対処できない

[/list]
リスクを抱えながら通販でピルを購入すると、効果がないどころか、体調を悪くしてしまうこともあります。
ピルを服用するなら、医師の診察を受けた上で購入しましょう。

どこでもピルを処方してもらえるオンライン診療がおすすめ


ピルの服用を始めるなら、どこにいても処方してもらえる「オンライン診療」がおすすめです!
オンライン診療なら、自宅にいながら医師の診察を受けることができて、薬を自宅まで届けてもらえます。
病院へ通う場合と、通販を利用する場合のメリットのみを抽出したような形で、とても便利ですよ。

オンライン診療は、婦人科へ通うことに抵抗がある方にもおすすめです。
他の患者様と顔を合わせることがなく、病院へ足を運ぶ様子を見られることもないので、周りにバレずにピルの服用を始めることができます!

ピルを服用する場合、保険診療のクリニックでも、自費診療のクリニックでも、病院で払う金額はほとんど変わりません。
保険診療のクリニックは、交通費や待ち時間が発生することを考えると、オンラインの自費診療クリニックの方がお得かもしれません。

オンライン診療を利用して、ピルの服用を始めてみませんか?