低用量ピル

ピルの購入方法は?ネットでも買える?

「ピルはどこで購入できるのだろう」そう疑問に思っていませんか?この記事では、低用量ピルの服用を検討している人に、低用量ピルの購入方法について解説しています。

低用量ピルの購入方法は一つではありませんが、身体に大きな影響を与える薬であるからこそ、安全なルートで購入すべきです。ぜひこの記事を、低用量ピルを正しく入手するための参考にしてください。

 

低用量ピルとは?

低用量ピル(経口避妊薬)は女性ホルモンが含まれており、妊娠を防いだり月経をコントロールすることができる薬です。英語名のoral contraceptivesから、OCと表記されることもあります。

低用量ピルに含まれる女性ホルモンが子宮に働きかけ、排卵や子宮内膜の増加を抑制することで妊娠を防ぐという仕組みで、飲み忘れなく正しく使用した場合の避妊率は99.7%と、効果の高い避妊方法です。日本では主にコンドームが避妊法として選択されており、低用量ピルの服用率は低いですが、欧米では20%以上の女性が日ごろから低用量ピルを服用している国も少なくなく、世界的に見るとごく一般的な避妊法と言って良いでしょう。

また、低用量ピルの用途は避妊だけでなく、月経困難症の治療にも利用されています。月経困難症とは月経期間における下腹部痛や頭痛、吐き気など、日常に支障をきたすような症状のことです。

避妊を目的とした薬にはアフターピル(緊急避妊薬)もありますが、低用量ピルとは目的が異なります。低用量ピルは毎日服用することで妊娠しにくい状況を作る薬であるのに対し、アフターピルはコンドームの破損や低用量ピルの飲み忘れなどによって避妊に失敗したときの緊急避妊法として服用される薬です。緊急避妊を目的としたアフターピルをお探しであれば、アフターピルに関する記事をご覧ください。

アフターピルの種類一覧|選び方や入手法まで医師が解説します「アフターピル(緊急避妊薬)にはどんな種類があるのかな?知りたい」あなたは今そうお考えではありませんか?アフターピル(緊急避妊薬)の種類...

 

低用量ピルが購入できる場所

低用量ピルは、自分で選んで購入することができる市販薬ではなく、医師による処方箋が必要な薬に分類されています。そのため、ドラッグストアなどで気軽に購入することはできません。低用量ピルの購入ができる場所を解説しますので、低用量ピルの使用を考えている場合は安全なルートで入手するようにしてください。

クリニック

低用量ピルは、産婦人科婦人科などを受診して医師に処方してもらうという入手方法が最も適切です。低用量ピルは安全な薬として知られていますが、服用にあたっては医師の指導を受けた方が良い場合など、注意すべき点があります。

まず、低用量ピルには、固まった血液によって血管が詰まる血栓症という副作用が現れる可能性があることを知っておかなければなりません。血栓症はときに命に関わることもある重大な疾患です。そのため、過去に血栓症になったことがある人や、血栓症になる可能性が高い人は低用量ピルを服用することができません。また、女性ホルモンが含まれているため、子宮頸がんや乳がんなどを患っている人も低用量ピルを服用できないことになっています。

このように、低用量ピルを服用することで健康面のリスクが発生することがあるため、自分が安全に低用量ピルを服用できるかどうかは、医師に相談してから判断するのが安心です。医師に処方してもらうことの最大のメリットは、医師の判断と指導のもとで安全に低用量ピルを服用することができるという点にあります。低用量ピルの服用を検討しているのであれば、自己判断せずに医師の診察を受けて処方してもらうようにしましょう。

海外通販サイト

低用量ピルは、海外通販サイトでも販売されており、インターネットを通じて購入することができます。海外通販サイトとはいっても、海外の事業者の通販サイトから直接購入申し込みをするのではなく、個人が薬を海外から輸入することを仲介、代行する通販サイトのことです。しかし、低用量ピルを通販サイトで購入するのは、非常に危険な行為であると言っても過言ではありません。

まず、海外通販サイトでは購入した低用量ピルが届かないというトラブルの可能性があります。無事に商品が届いたとしても、注文から到着まで数週間~数ヶ月かかることがあり、すぐ使用したい場合には適していません。

また、低用量ピルが届かないこと以上に、薬が偽物であるという危険性があります。有効成分が入っていない薬である可能性はもちろん、健康被害を引き起こす有害物質が含まれている可能性も否定できません。本来、日本では医師の処方が必要である低用量ピルを海外通販サイトを通じて個人輸入で入手することは、非常にリスクの高い行動であり、おすすめできることではありません。

 

低用量ピルの値段

種類 1シート(28日分)あたりの値段
低用量ピル(マーベロン28) 2,500円
低用量ピル(ファボワール28) 2,000円
低用量ピル(トリキュラー28) 2,300円
低用量ピル(ラベルフィーユ28) 2,000円

低用量ピルには1シートに21錠入っているものと、28錠入っているものがありますが、ここで紹介している低用量ピルは全て28錠入りのものです。28錠のうち21錠に女性ホルモンが含まれており、残りの7錠は女性ホルモンが含まれていません。本来、低用量ピルは21日間服用し、7日間休薬するものですが、低用量ピルを毎日服用する習慣をつけて飲み忘れを防ぐため、7日間の休薬の代わりに女性ホルモンが含まれていない薬を内服します。

つまり、21日分の低用量ピルと7日分のプラセボ錠(偽薬)で1シートとなり、記載されている低用量ピル1シート分の値段が約1ヶ月(28日分)にかかる低用量ピルの値段ということです。

 

まとめ:低用量ピルの購入は東京プレイヤーズクリニックへ

この記事では、低用量ピルの購入方法について解説しました。通販サイトでも購入可能な低用量ピルですが、健康面などのリスクを考えると医師に処方してもらうのが最もおすすめです。

低用量ピルを購入するために受診するのは恥ずかしかったり、近くに病院がなくて気軽に受診できる環境ではなかったりする人もいるかもしれませんが、最近ではオンライン診察という選択肢も広がっています。安心して服用するため、低用量ピルを購入するときは医師の診察を受けるようにしましょう。

東京プレイヤーズクリニックでは、インターネットを通じて医師の診察を受けることができるオンライン診察を行っています。スマートフォンを使用して診察を受け、低用量ピルを郵送で受け取ることが可能です病院に行かなくても、診察を受けて医師の適切な判断のもと低用量ピルを処方してもらうことができるため、低用量ピルのインターネット処方を希望される方はぜひ一度ご確認ください。