アフターピル

ノルレボ錠などは通販よりもオンライン診療がおすすめ!ジェネリックも購入できます

「避妊に失敗したからノルレボ錠を通販で購入したい」

「できれば病院に行かずにノルレボ錠を手軽に手に入れたい」

ノルレボ錠は高い避妊効果を持つアフターピル(緊急避妊薬)のひとつですが、できれば病院には行かずにこっそり手に入れたいと思う方は多のではないでしょうか?

通販であればたしかにノルレボ錠を病院に行くことなく、また誰にも知られることなく手に入れることができますが、ノルレボ錠などのアフターピルを通販で購入することは非常に危険です。

そこでこの記事ではノルレボ錠を通販で購入することの危険性と、オンライン診療によるアフターピルの購入について詳しく解説します

ノルレボ錠とは

ノルレボ錠は日本で初めて認可されたアフターピル(緊急避妊薬)です。現在、日本に流通するアフターピル(緊急避妊薬)の中で認可を受けているのはこのノルレボ錠だけとなっています。一般名※はレボノルゲストレルですが、呼称として一般的に使われているのは商品名※であるノルレボ錠です。

※商品名と一般名の違い・・商品名は製薬会社が付けた名前で、一般名は主成分のこと。簡単にいうと、商品名=ブランド名、一般名=成分名。

ノルレボ錠はそれまで緊急避妊法として主に用いられていたヤッペ法と比べると高い避妊効果を持ち、かつ副作用も軽度で済むのが特徴です。世界約50か国で使用されているノルレボ錠はその実績が示す通り、確かな安全性と避妊効果を持つことからWHO(世界保健機関)が緊急避妊の必須医薬品※に指定しています。

※必須医薬品とは・・WHO(世界保健機関が)が「大部分の人口の健康ケアに役立ち、量や剤形が適正でかつ個人やコミュニティが入手しやすい価格設定がなされている薬」であると認めた医薬品のこと。

ノルレボ錠で緊急避妊を行う場合、コンドームが破けてしまったなど避妊に失敗したと思われる性交渉から72時間以内に1錠を服用します。服用するのが早ければ早いほど高い避妊効果を得られるため、できるだけ早く服用することが大切です。

ノルレボ錠のジェネリック薬品

ジェネリック薬品とは、新薬と同等の有効成分、効果が認められた医薬品のことです。ノルレボ錠をはじめアフターピル(緊急避妊薬)は価格が高いのが難点ですが、ジェネリック薬品であれば同等の効果を持つ薬を安価で手に入れることができます。

レボノルゲストレル錠1.5mg

出典:富士製薬工業株式会社

レボノルゲストレル錠1.5mgは、ノルレボ錠の日本製ジェネリック薬です。レボノルゲストレル錠1.5mgの値段、原産国、服用方法などをまとめると、以下の通りです。

値段 9,900円(税込)
原産国 日本
製造会社 富士製薬工業
服用方法 性交渉から72時間以内に1錠を1回服用する
有効成分 レボノルゲストレル
効果 排卵の抑制・子宮内膜の増殖を抑制
副作用 消退出血・不正出血・頭痛・悪心・倦怠感・下腹部痛など

ノルレボ錠1.5mgの最新薬が17,600円である一方、レボノルゲストレル錠1.5mgは値段が最新薬の6割弱と安価であるため、値段面で購入を躊躇していた方にはレボノルゲストレル錠1.5mgがおすすめです。また日本製であることから安心して使用できるとの声が多く、当院においても非常に高い人気を集めています。

レボノルゲストレル錠1.5mgを服用した場合の妊娠阻止率※は性交渉から72時間以内の服用で約85%と非常に高く、以前まで緊急避妊法として主流であったヤッペ法の同条件下における妊娠阻止率が約57%であることから見ても、その避妊効果は絶大です。

レボノルゲストレル錠1.5mgの副作用として最も多いのは消退出血※で、服用した女性の46.2%に起こるとされています。ピルの副作用というと吐き気や嘔吐などの胃腸障害が頭に浮かぶ方は多いかと思いますが、実際には発生頻度はそれほど高くなく悪心の発生率で9.2%程度です。また悪心が出てもそれが嘔吐につながることは少ないといわれています。

※消退出血とは・・ホルモンの作用によって起こる出血のこと

i-pill

i-pill(アイピル)は、ノルレボ錠の海外製ジェネリック薬です。ノルレボ錠やレボノルゲストレル錠1.5mgと同等の効果を発揮します。i-pill(アイピル)の値段、原産国、服用方法などをまとめると、以下の通りです。

値段 5,500円(税込)
原産国 インド
製造会社 Piramal Healthcare社
服用方法 性交渉から72時間以内に1錠を1回服用する
有効成分 レボノルゲストレル
効果 排卵の抑制・子宮内膜の増殖を抑制
副作用 消退出血・不正出血・頭痛・悪心・倦怠感・下腹部痛など

i-pill(アイピル)は服用方法や用量、効果、副作用などはノルレボ錠や日本製ジェネリック薬のレボノルゲストレル錠1.5mgと同じである一方、非常に安価なのが魅力です。

ただi-pill(アイピル)はノルレボ錠やレボノルゲストレル錠1.5mgのように、アフターピル(緊急避妊薬)として日本で認可を受けている薬ではありません。さらに海外製ということで不安を感じる方もいるかとは思いますが、ノルレボ錠同様有効性や品質、安全性が証明されているアフターピル(緊急避妊薬)として日本でも多く処方されているため、安心して服用していただければと思います。

価格をできるだけ抑えたいという方には、i-pill(アイピル)がおすすめです。

性交から72時間以上経過した場合はエラがおすすめ

性交渉から72時間以上が経過してしまった場合には、ella(エラ)がおすすめです。レボノルゲストレルを主成分とするノルレボ錠などのアフターピル(緊急避妊薬)の場合性交渉から72時間以内に服用する必要がありますが、ella(エラ)の場合性交渉から120時間以内の服用で問題ありません

ella(エラ)の値段、原産国、服用方法などをまとめると、以下の通りです。

値段 13,200円(税込)
原産国 トルコ共和国
製造会社 ‎Abdi Ibrahim社
服用方法 性交渉から120時間以内に1錠を1回服用する
有効成分 ウリプリスタール酢酸エステル
効果 排卵の抑制・子宮内膜の増殖を抑制・子宮頸管の粘液を増加させて精子の侵入を防ぐ
副作用 消退出血・不正出血・頭痛・悪心・倦怠感・下腹部痛など

ella(エラ)は欧米では最もスタンダードなアフターピル(緊急避妊薬)で、子宮筋腫の治療薬としても使われている薬です。性交渉から120時間以内に1錠を1回服用しますが、早く服用すればするほど高い避妊効果を得られます。ella(エラ)の避妊効果は、120時間以内の服用で約85%と非常に高水準です。

ノルレボ錠とは違いella(エラ)は日本では認可されていない未承認薬ではありますが、その避妊効果はノルレボ以上とされています。

<エラとノルレボ錠の妊娠率比較>

性交渉から服用までの時間 エラ ノルレボ錠
24時間以内 0.9% 2.5%
72時間以内 1.4% 2.2%
120時間以内 1.3% 2.2%

上記はエラとノルレボ錠を服用した女性全体のうち、妊娠した方の割合を示す数値です。この数値からもエラの避妊率はノルレボ錠よりも高く、性交渉から時間が経過しても高い避妊効果を維持することが分かります。

ノルレボ錠は通販で購入しても大丈夫?

ノルレボ錠は通販でも購入することができますが、通販での購入はおすすめできません。ノルレボ錠などのアフターピル(緊急避妊薬)を通販で購入することには、いくつかのリスクが伴います。

服用に注意が必要

通販で販売されているノルレボ錠のほとんどは、個人輸入で仕入れたものです。そもそもアフターピル(緊急避妊薬)や低用量ピルは個人輸入による販売が禁止されている薬であるにも関わらず、インターネットで「ノルレボ 通販」のワードで検索をかけてみても実に多くの個人輸入者がアフターピル(緊急避妊薬)の販売を行っているのが見て取れます。

このような個人輸入者が出品している通販サイトでアフターピル(緊急避妊薬)を購入した場合、以下のようなトラブルに遭遇する可能性があるため服用には注意が必要です。

  • 添付文書などの付属品が入っていなかった
  • 錠剤が破損していた
  • ノルレボ錠ではない別の薬が届いた

錠剤に破損が見られる場合、アフターピル(緊急避妊薬)としての効果を十分に得られない可能性があります。また、別の薬が届いたなんてことはもはや論外です。通販サイトでのノルレボ錠の購入はこのようなトラブルに巻き込まれるリスクがあるため、ノルレボ錠を購入する場合には病院に行って医師に処方してもらうのが最善といえます。

偽物の薬の可能性

通販サイトで販売されているノルレボ錠の中には、偽物が紛れている可能性があります。現に海外では偽造薬の問題が深刻で、アジアをはじめアフリカやラテンアメリカの特定の地域では流通する医薬品のうち偽造薬が占める割合は30%以上にものぼるといわれています。

販売されているノルレボ錠が偽造薬かどうかを見分けるには、まず価格を確認しましょう。あまりにも価格が安すぎる場合には、その薬は偽造薬であることが疑われます。またノルレボ錠の販売元には個人のほかに個人輸入代行業者もいますが、業者が販売するなら安心というわけではありません

個人輸入代行業者は、あくまでも個人輸入を代行するのみです。彼らは偽造品を販売してもなんら罪には問われないため、むしろ本物の薬を売るより圧倒的に安価な偽造薬を売った方が利益になるとして偽造薬の流通拡大を煽っているという背景があります。

もし通販で購入したノルレボ錠が偽造薬だった場合、薬を服用したことで健康被害を受けたとしても医薬品副作用被害救済制度※による救済を受けることはできません。通販で購入したノルレボ錠を服用したことで受けた不利益はすべて自己責任となってしまうため、ノルレボ錠を購入する場合には病院に行って薬の処方を受けるのが最も安全です。

※医薬品副作用被害救済制度・・医薬品を適正に使用したのに副作用が出て健康被害を受けてしまった場合に医療費などの給付を行う制度で、偽造品は対象外

アフターピルを購入するなら医療機関での購入が安心

ノルレボ錠はアフターピル(緊急避妊薬)として非常に高い避妊効果を持つ薬です。アフターピルを病院に行って処方してもらうことに抵抗を感じて通販での購入を検討している方は多いかと思いますが、アフターピルを通販で購入することには多くのリスクが付きまとうためおすすめできません

メディオンクリニックでは、オンライン診療によるノルレボ錠などのアフターピルの処方を行っています。薬は最短翌日配送が可能ですので、避妊に失敗して不安を感じている方はできるだけ早くご相談ください。

アプリで解決
お急ぎのピルの処方はスマホでオンライン処方がおすすめです! アフターピル・低用量ピル・月経移動ピルが誰にもバレずに、最短翌日に自宅に届きます♬ 

ピルのオンライン処方を試してみる!

>LINE相談はこちら


LINE相談

ピルを処方する