アフターピル

ノルレボのジェネリック医薬品は何が違うの?購入方法についても解説

「ノルレボのジェネリック医薬品があるけれど、どんなところが違うの?」「ノルレボのジェネリック医薬品はどこに行ったら購入できるの?」あなたは今、そう疑問に思っていませんか?

ノルレボは2011年に日本初の緊急避妊薬(アフターピル)として承認され、妊娠のリスクを避けるための薬として使用されている実績があります。ノルレボを検索している方は、同様の効果を得られて安価なジェネリック医薬品についても気になりますよね。

そこで本記事では、ノルレボとジェネリック医薬品との違いや購入方法についてを説明します。国内承認の有無や値段についても併せて解説するので、ノルレボとジェネリック医薬品で迷っている方や、違いを知りたい方は参考にしてみてくださいね。

ノルレボとは?

引用:あすか製薬株式会社 医療用医薬品情報サイト 緊急避妊剤ノルレボ錠1.5mg

ノルレボは2011年に日本で初めて承認されたアフターピル(緊急避妊薬)です。WHOでも緊急避妊における必須医薬品として指定されており、国際的にも広く効果を認められています。「レボノルゲストレル」と呼ばれる有効成分で、排卵の抑制と受精・着床を阻害する作用をもちます。

性交渉後から72時間以内に服用することで、望まない妊娠を回避する効果が期待できます。妊娠阻止率は84%。妊娠率は1.34%という結果が出ており、性行為後早く内服するほど、妊娠阻止率が高まります。

また、比較的副作用が少ないのもノルレボの特徴です。ノルレボの臨床試験では、副作用が出現するのは全体の約1割弱の方という結果が出ています。

<ノルレボの副作用>

  • 悪心(吐き気)
  • 胃腸障害
  • 頭痛
  • 不正子宮出血

重大と呼ばれるような副作用はなく、有効性・安全性ともに確認されているため、安心して服用することができます。(参考:厚生労働省ホームページ

ただし、ノルレボを服用したくても、疾患をお持ちの方は症状を悪化させてしまう他、内服している薬剤によって効果が出にくくなる場合があります。医師に診察・相談の上で、安全に服用するようにしましょう。

ジェネリックとの違い

ノルレボ錠は国内外でジェネリック医薬品が発売されています。
ジェネリック医薬品とは、簡単に説明すると、先発医薬品と同様の有効成分・製法で作られた薬です。
先発医薬品と呼ばれる薬の特許終了後に、他の製薬会社でも作ることが可能となります。

成分や副作用の違いはほとんどありませんが、開発期間・費用が短期間・少額で抑えられるため、薬の価格も抑えて販売することができます。

ノルレボのジェネリック医薬品一覧

当院で取り扱いしているノルレボ・ノルレボのジェネリック医薬品は3種類あります。

種類 価格
ノルレボ錠1.5mg 16,000円
レボノルゲストレル錠1.5mg「F」 9,000円
アイピル(i-pill) 5,000円

ここからは、ノルレボのジェネリック医薬品について説明していきます。

レボノルゲストレル錠1.5mg「F」

原産国 日本
値段 9,000円
国内承認 承認済

国産(富士製薬工業)で、厚生労働省による認可もあるため、安心して使用できるノルレボのジェネリック医薬品です。
ノルレボよりも安価で同様の効果が得られるため、国内で多くの使用実績があります。

アイピル(i-pill)

原産国 インド(Piramal Helthcare社)
値段 5,000円
国内承認 未承認

アイピルはインドで作られた、ノルレボのジェネリック医薬品です。
ノルレボと同様の効果・成分・使用方法となっていますが、ノルレボや国産レボノルゲストレル錠1.5mg「F」よりも安く購入することができます。

マドンナ(Madonna)

原産国 タイ(Biopharm Chemicals社)
値段(1回2錠分) 1,350円前後
国内承認 未承認

※当院では取扱いしておりません。

マドンナは1錠あたり0.75mgの成分含有量となっており、避妊の効果を得るためには2錠の服用が必要です。性行為後72時間以内に1錠、更に12時間後に1錠を内服します。内服し忘れてしまった場合には、薬の効果が十分に得ることができないので、注意が必要です。

12時間以内の服用で95%72時間以内の服用で84%の妊娠阻止率が報告されています。

ノルパック(NORPAK)

原産国 タイ(ABCA Pharma社)
値段(1回2錠分) 1,200円前後
国内承認 未承認

※当院では取扱いしておりません。

ノルパックはノルレボのジェネリック医薬品で、妊娠阻害作用があります。1錠0.75mgの含有量ため2錠の服用が必要です。性行為後72時間以内に1錠、更に12時間後に1錠を服用します。内服し忘れに注意が必要です。

性行為から12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%72時間以内の服用で84%という結果が出ています。避妊失敗がわかった段階で、なるべく早期に服用することが大切です。

ポスティノール(POSTINOR)

原産国 ハンガリー(Gedeon Richter社)
値段(1回2錠分) 1,250円前後
国内承認 未承認

※当院では取扱いしておりません。

ポスティノールは1錠0.75mgの含有量となっており、副作用を軽減するため2回に分けて服用します。性行為後72時間以内に1錠、更に12時間後に1錠を内服が必要で、早ければ早いほど効果は高まります。

24時間以内で95%。72時間以内で80%の妊娠阻止率が報告されています。

通販での購入には注意

ノルレボのジェネリック医薬品は通販でも購入することができますが、基本的には病院またはクリニックで、きちんと医師の処方を受けてから購入することをおすすめします。
ここからは、通販での購入に注意が必要な理由についてを説明します。

<通販での購入に注意が必要な理由>

  • アフターピル(緊急避妊薬)を服用できない人がいる
  • 偽物の可能性がある
  • 何があっても自己責任

アフターピル(緊急避妊薬)を服用できない人がいる

ノルレボは医薬品です。比較的副作用は少ないですが、持病がある人は薬の分解ができず、思わぬ副作用が起きる場合もあります。
ノルレボやノルレボのジェネリック医薬品は副作用が少ないと言っても、安全に使えるかどうかを医師に診察してもらった上で処方してもらいましょう。

偽物の可能性がある

いまはネット上にアフターピル(緊急避妊薬)の販売サイトが多くあります。
もちろん正規品を扱っているサイトもあるとは思いますが、自分の購入するサイトが正規品を扱っているか、偽物を扱っているかはわかりません。
「内服してみたら偽物だった…」では正直こわいですよね。
そのため医師に処方してもらい、安全性の高いアフターピル(緊急避妊薬)の服用をおすすめします。

何があっても自己責任

医師から処方されていない、自分で購入した薬で体調を崩しても自己責任となってしまいます。日本には「医薬品副作用被害救済制度」がありますが、自分で通販を利用して購入した薬は制度の対象外となってしまいます。

医師はあなたの現在の状況や、これまでの病歴から総合的に判断して、薬を処方します。
自分で購入した薬であれば、中の成分も記載と違うものが入っていたりする可能性もゼロではありません。「何があっても自己責任」と思えなければ、自分で薬を購入し内服するのは、やめたほうが無難です。