ダウン症の赤ちゃんを育てるために知っておくべきこと。 経済面や生活面の負担も含め詳しく解説

未分類

ダウン症の赤ちゃんを出産したら知っておくべきことって何?

そのようにお考えではありませんか?

もし自分がダウン症の赤ちゃんを育てるとしたら、実際にどんなことが起きるのか分からず不安ですよね。

本記事ではダウン症の赤ちゃんを出産したときに知っておくべきことを現役の医師が説明します。

さらにダウン症の赤ちゃんを育てるための生活面の負担・経済面の負担についても解説しますので、もうこの記事を読むとダウン症の赤ちゃんを育てるとはどんなことなのか具体的に知ることができます。

今回はダウン症の赤ちゃんの特徴、ダウン症の赤ちゃんを出産したらすべきこと、ダウン症の赤ちゃんを育てるための生活的負担、ダウン症の赤ちゃんを育てるための経済的負担について解説しています。

ダウン症の赤ちゃんを育てるとはどんなことなのかを理解して、少しでも不安の解消のお役に立てれば幸いです。

ダウン症の赤ちゃんの特徴

ダウン症の赤ちゃん

ダウン症の赤ちゃんは骨や筋肉が発達しておらず、柔らかく曲がっていることが多いです。そのため首の座りやひとり立ち、ひとり歩きなどの発育が遅くなる傾向があります。合併症により筋肉が弱いので足の裏が扁平足になり、歩けるようになっても疲れが溜まりやすくなったり、転びやすくなったりします。

またダウン症の赤ちゃんは良く寝ると言われており、睡眠中に10秒間ほど息がとまる無呼吸症候群が頻繁に発生します。

さらに肉体の発達が遅いので、体を動かすことで得る外部からの刺激が少なくなります。そのため精神的な発達スピードも遅くなります

ダウン症で見られる特有の顔の症状も生まれた時から現れます。

ダウン症の赤ちゃんを出産したらすべきこと

ダウン症の赤ちゃんを出産したらすべきこと

もしダウン症の赤ちゃんを出産した場合は、ダウン症に詳しい医師や自治体に相談することが必要です。

医療の発展によりダウン症患者の寿命は60歳くらいまで伸びてきていますが、生涯を通して健康管理が必要な病気です。心臓病や白血病などの合併症を引き起こすリスクも高いと言われています。そのため医師による定期的な診断が必要であり、通常ダウン症の赤ちゃんは月に1〜2回検査をおこないます。

また自治体に相談することで、ダウン症の赤ちゃんを育てるための様々な公的支援を受けることができます。しかしダウン症患者に対する自治体による支援は申請しなければ受けられないので、必ずご住まい地域の自治体への相談が必要です。

また自治体にどのように相談して良いのか分からない方は、以下のダウン症を支援する団体に無料相談を行うことも可能です。

ダウン症の赤ちゃんを育てるために、医師によるサポートと自治体の支援は不可欠です。必ず医師と自治体に相談するようにしましょう。

ダウン症の赤ちゃんを育てるための生活的負担

ダウン症の赤ちゃんを育てる母親

ダウン症の赤ちゃんを育てることは生活に大きな負担を強いられます。

乳幼児期の赤ちゃんは合併症と感染症にかかるリスクが非常に高いため、徹底した食事管理と健康管理が必要になります。また筋肉や骨が弱く発達が遅いため自力で動くことが難しく、生後1〜2年つきっきりのお世話が必要です。

幼稚園や保育園などに入ることも可能ですが、園によってはダウン症の子供を1人まで入園を許可しているところあります。またベビーシッターなどの託児サービスもダウン症の子供を受け入れていない場合があります。

そのためダウン症の赤ちゃんを育てるために仕事を離職する方も多いです。しかし家族の支援や公的な支援を受け、生活の負担を減らす方ことで仕事を続けられる方もいらっしゃいます。

ダウン症の赤ちゃんを育てるための経済的負担

ダウン症の赤ちゃんを育てるための経済的負担

ダウン症の赤ちゃんを育てるために行政は様々な福祉サービスを整えており、経済的負担は減ってきています。例えばダウン症の子供を育てる場合、特別児童扶養手当が支給されます。支給額は症状や扶養者の収入などによって異なりますが、1級では52,200円、2級では34,770円が毎月支払われれます。

またダウン症の子供が入院した場合、高額医療制度が存在するので病院の部屋代しかかかりません。

またこのほかにも様々な福祉制度があり、ダウン症の赤ちゃんを育てやすい環境が整っています。下記にダウン症の子供が受けられる支援制度を紹介します。

療育手帳知的障害のある方が支援制度やサービスが利用しやすくなる手帳
身体障害者手帳体に障害を持つ方が支援制度やサービスを利用しやすくする手帳
特別児童扶養手当知的障害や身体障害の20歳未満お児童を育てている親を支援するための手当
障害児福祉手当重度の身体障害の方や精神障害の方に支給される手当
小児慢性特定疾病医療費助成制度医療費が高額で負担となる特定の病気を持つ方に国が治療費の一部を助成する制度

このようにダウン症の赤ちゃんを育てるための経済的支援は多く存在し、経済的負担は少なくダウン症の子供を育てられるようになっています。

教育においても障害者向けの補助金を使うことで大学や専門学校に通うことが可能です。また近年ではダウン症のような障害がある人向けの大学を作る動きもあります。

さらにダウン症の子供が大人になってから働けるように法整備が進んでおり、障害者を一定の割合で雇わなければならない法律も存在します。またダウン症などの障害があるひとに配慮した会社も増えてきています。そのためダウン症の子供が大人になっても、自分でお金を稼ぐことができるようになりはじめてます。

ダウン症 赤ちゃん まとめ

今回はダウン症の赤ちゃんの特徴、ダウン症の赤ちゃんを出産したらすべきこと、ダウン症の赤ちゃんを育てるための生活的負担、ダウン症の赤ちゃんを育てるための経済的負担を詳しく解説しました。

確かにダウン症の赤ちゃんを育てるには生活的、精神的に苦労はあるとおもいます。しかし現在は行政が多様な支援を行っているので、ダウン症の赤ちゃんをより育てやすい社会になっています。

この記事が参考になりダウン症の赤ちゃんを産むことへの不安の解消に、お役に立てると幸いです。

アプリで解決
お急ぎのピルの処方はスマホでオンライン処方がおすすめです! アフターピル・低用量ピル・月経移動ピルが誰にもバレずに、最短翌日に自宅に届きます♬ 

ピルのオンライン処方を試してみる!

>LINE相談はこちら

Author

東京プレイヤーズクリニック院長。2016年に帝京大学医学部卒業後、都内の病院にて臨床研修を経て2018年9月に東京プレイヤーズクリニックを恵比寿に開設。累計500人以上の患者を診察する人気医師。

河野 太郎をフォローする
未分類
メディオンクリニック
LINEお悩み相談
アプリでピル処方
タイトルとURLをコピーしました