アフターピル

アフターピル(緊急避妊薬)とは?効果や値段について現役医師が解説

「アフターピルを使いたいけどどんな効果があるの?値段や購入方法は?」あなたは今、そうお考えではありませんか?避妊に失敗してしまった場合、アフターピルを飲むことで妊娠を避けられるなら安心ですよね。

そんなあなたに朗報です。

「アフターピルを飲めば、高い確率で避妊できます」

この記事を読めば、アフターピルの効果や副作用、購入方法について詳しく知ることができます。アフターピルの種類やそれぞれの値段、妊娠阻止率も併せて解説しますので、アフターピルを購入する際の参考にしていただければ幸いです。

アフターピルの効果は?

アフターピル(緊急避妊薬)とは、避妊に失敗した場合に緊急で服用する避妊薬です。アフターピル(緊急避妊薬)は服用が早ければ早いほど避妊効果が高くなるため、できるだけ早めの服用をおすすめします

<服用までの時間別に見る避妊率(※)>

24時間以内 48時間以内 72時間以内
99% 98% 97%

※避妊率:アフターピル(緊急避妊薬)を飲んで妊娠しなかった確率

こちらの動画でアフターピルについて詳しく説明してるのでご覧ください。

アフターピルの種類と値段は?避妊の確率はどれくらい?

アフターピル(緊急避妊薬)の種類と値段、妊娠阻止率(※)をご紹介します。なお以下表に記載する妊娠阻止率は、性交後72時間以内にアフターピル(緊急避妊薬)を服用した場合の数値です。

※妊娠阻止率:危険日(排卵日付近の妊娠しやすい時期)付近の性交渉において妊娠を阻止できる確率、簡単にいうと「アフターピルを飲まなければ妊娠していたかもしれない人の妊娠を阻止した確率」

種類 値段 妊娠阻止率
ノルレボ1.5錠 16,000円 85%
ノルレボ日本製ジェネリック 9,000円 85%
ノルレボ海外製ジェネリック 5,000円 85%
エラ※120時間以内の内服でOK 12,000円 95%

詳細はこちら

アフターピルの副作用は?消退出血ってなに?

アフターピル(緊急避妊薬)の主な副作用は、以下の通りです。

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 頭痛
  • めまい
  • 倦怠感
  • 眠気
  • 乳房の張り
  • 胃腸障害(下腹部痛など)
  • 不正子宮出血

副作用についてはアフターピル(緊急避妊薬)の種類による違いはほとんどありませんが、症状の程度には個人差があります。ただ副作用のほとんどは長くても24時間以内にはなくなり、何日も続くようなことはまずありません。

また上記の副作用とは別に、アフターピル(緊急避妊薬)の服用後には消退出血という生理のような出血が起こります。消退出血はアフターピル(緊急避妊薬)の服用後早くて3、4日後、遅くても3週間後には起こる症状で、緊急避妊が無事に成功したことを示すサインです。

出血の程度は通常の生理よりも少量で消退出血が見られるまでの期間は平均して10日程度ですが、すべての方に必ず起こるわけではありません。消退出血と思われる出血であっても、実はその出血が不正子宮出血であったり妊娠初期の流産によるものであったりする可能性もあります。そのためアフターピル(緊急避妊薬)の服用から3週間後には、消退出血の有無にかかわらず妊娠検査薬を使用するか来院して医師の診察を受けましょう

アフターピルの購入方法

アフターピル(緊急避妊薬)の購入方法には、

  • 医師からの処方
  • 通販
  • オンライン診療

の3つの方法があります。

医師からの処方

アフターピル(緊急避妊薬)は低用量ピルと同様に市販薬がないため、医師の診察を受けて処方してもらわなければ購入することはできません。アフターピル(緊急避妊薬)の処方を受ける方の中にはあまり詳しいことを話したくないという方が少なくないため、問診だけで処方箋を出してくれる病院も数多くあります。

医師と話すことに抵抗がある方は、問診だけでアフターピル(緊急避妊薬)の処方が受けられる病院を選びましょう。アフターピル(緊急避妊薬)は緊急性が高い薬であるため、できるだけ早く処方を受けることが何より大切です。

通販

アフターピル(緊急避妊薬)のワードでインタネットで検索してみると個人輸入の商品を扱う通販サイトが出てきますが、このような通販サイトでのアフターピル(緊急避妊薬)の購入・使用はおすすめできません。その理由としては、以下が挙げられます。

  • 偽物の可能性がある
  • 添付文書などの付属品が入っていない場合がある
  • 届くまでに時間がかかる
  • アフターフォローやメディカルチェックがない

もともとアフターピル(緊急避妊薬)や低用量ピルを個人輸入して販売する行為は、法律で禁止されている違法行為です。このような通販サイトで購入した薬によって身体に異常があったとしても、薬の出所や成分などに信ぴょう性がないことから診察してもらえないケースもあります。

自分の身体を守るためにも、アフターピル(緊急避妊薬)を通販で購入することは避けましょう。

オンライン診療

アフターピル(緊急避妊薬)は、2019年からオンライン診療による処方が可能になりました。これにより、現在は病院に行かなくてもスマホやパソコンなどのオンライン上で医師の診察を受けてアフターピル(緊急避妊薬)を購入することができます。

またオンライン診療の場合、通販のように薬が手元に届くまでに何日もかかるということはありません。アフターピル(緊急避妊薬)は緊急性が高く一刻も早い服用が必要となるため、この点を考慮し診療から最短で薬を受け取ることができるよう病院が対応してくれます

「すぐに病院に行けない」「病院に行って診察を受けるのが嫌」という方には、オンライン診療がおすすめです。

アフターピルを買うなら、オンライン診療が手軽でおすすめ

この記事では、アフターピルの効果や種類、購入方法についてご紹介しました。アフターピルは通販サイトでも購入できますが、偽物が紛れている可能性があり非常に危険ですのでやめましょう。

「病院に行くのが嫌」「来院する時間がない」という方は、手軽なオンライン診療がおすすめです。

東京プレイヤーズクリニックでは、アフターピル(緊急避妊薬)の無料オンライン診療を行っています。薬は最短当日受け取りも可能ですので、購入を検討している方はぜひご利用ください。