アフターピル

アフターピルは薬局で買える?売っている場所や値段について解説

アフターピルは、ドラックストアなどの薬局では購入できず、医師の診察を受けてから購入することができます。少し面倒に感じるかもしれませんが、ご自身の身を守るためにも、きちんと診察を受けてからの購入をおすすめします。

この記事では、アフターピルの購入方法や値段について解説しています。「病院でアフターピルを買うのは面倒な上に高い」という思いこみから、アフターピルの使用を諦める人もいますが、簡単に購入することができますし、ジェネリック医薬品を選べば価格を抑えることもできます。

本記事では、なぜアフターピルが薬局で購入できない理由や、アフターピルの購入方法、購入場所について解説しています。アフターピルの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

また、もし急ぎでアフターピルの購入を検討しているのであれば、当院では年中無休でオンライン診療を実施しておりますので、すぐに試してみてください。

なぜ薬局でアフターピルを購入できないの?

アフターピルは、医師の処方せんが必要な「医療用医薬品」に分類されており、医師の診察を受けて、医師や薬剤師から薬の説明を受けて購入します。外国ではドラッグストアなどで手軽にアフターピルを購入することができますが、日本では病院へ行って診察を受けた上で購入することができます。

アフターピルをドラッグストアなどで手軽に購入できるようになると、「”緊急用”ではなく日常的に使う人が増える」「コンドームの使用に協力しない男性が増える」などを懸念する声が上がったため、日本では病院での診察が必要な「医療用医薬品」に分類されています。

 

アフターピルの購入できる場所

アフターピルを購入できる場所や、購入方法について解説します。それぞれの購入方法にメリット・デメリットがありますので、よく考えて購入場所を選びましょう。

医療機関

産婦人科などの病院で、アフターピルを処方してもらうことができます。
病院でアフターピルをもらうまでの流れを紹介します。

[timeline]
[tl label=’STEP.1′ title=’来院’] 病院へ行き、問診票へ記入します。
アフターピルは飲み合わせに注意する薬やサプリメントがあるので、飲んでいる薬やサプリメントの名前を事前に控えてから、病院へ足を運びましょう。 [/tl]
[tl label=’STEP.2′ title=’診察’] 医師との問診が行われ、薬の飲み方の説明や、副作用の説明が行われます。
患者さんの精神状態に配慮し、アフターピルが必要な事情を聞かなかったり、内診を行わなかったりするクリニックも増えています。[/tl]
[tl label=’STEP.3′ title=’ピル受け取り’] アフターピルを病院内もしくは薬局でもらいます。その場でピルを飲むように指示されることも多いです。 [/tl]
[tl label=’STEP.4′ title=’会計’] 支払いをします。
日本ではアフターピルが保険適用されていないので、健康保険は使えず自費診療になります。 [/tl]
[/timeline]

アフターピルをもらうまでの流れは、普通の病院へ行くときとほぼ変わりません。しかし、様々な理由でアフターピルをもらうために病院へ行くことを諦めてしまう場合があります。

  • 避妊に失敗したことがショックで、外出できる状況ではない
  • 問診で詳しい状況を聞かれることに抵抗があり、病院へ行きたくない
  • 病院・薬局スタッフに知り合いがいると気まずい
  • アフターピルをもらうために来院したことを、他人に知られたくない
  • 土日・夜間にアフターピルを処方してくれる病院が近くにない

普通の病院へ行くときと同じような流れであるとはわかっていても、病院へ行くことへ抵抗があったり、諦めざるを得ない事情があったりする場合も。病院へ行ってアフターピルをもらうのは、意外とハードルが高いと感じるかもしれません。

通販

通販でもアフターピルが販売されていますが、通販の利用は控えましょう。

通販でアフターピルを購入する場合は、個人輸入扱いになり、届くまで日数がかかることが多いです。個人輸入すると国外から発送されるので、発送まで最短でも1週間は必要になり「発送に最大1ヶ月程度かかる」と書かれているサイトもあります。アフターピルが今すぐ必要になったときは、焦りもあって到着までの日数を見落としがちになので、注意しましょう。

SNSやフリマアプリでも、アフターピルが販売されていることがありますが、無資格者が許可なくインターネットで医薬品を販売することは、薬機法により禁止されています。出品者と一切連絡が取れなくなるリスクもあり、トラブルが起こっても泣き寝入りする可能性が高く危険です。

アフターピルは低用量ピルに比べて副作用が強いですが、通販で購入すると医師の診察や服薬指導を受ける機会がなく、全てが自己責任になります。自己判断・自己責任でアフターピルを使うのは危険です。困ったときや迷ったときは、すぐに医師に相談できる環境を整えておきましょう。

オンライン診療

2019年から、オンライン診療でアフターピルを購入することが可能になりました!
当院のオンライン診療を使って、アフターピルをもらうまでの流れを紹介します。

[timeline]
[tl label=’STEP.1′ title=’LINEにて連絡’]当院のLINEを登録後、ご連絡をお願いします。 [/tl]
[tl label=’STEP.2′ title=’診察’] ビデオ通話を使用して、医師との問診が行われ、薬の飲み方の説明や、副作用の説明が行われます。
診察を受けるには、Facetime(iPhone)またはGoogleDuo(Android)のスマートフォンが必要です。[/tl]
[tl label=’STEP.3′ title=’会計’] クレジットカードにて支払いを行います。
薬代の他に、システム利用料および送料として1,100円を頂戴しております。アフターピルの場合、診察代は無料です。[/tl]
[tl label=’STEP.4′ title=’ピル受け取り’] ご指定の住所へアフターピルをお届けします。 最短で翌日にお届けします。[/tl]
[/timeline]

当院では、年中無休でオンライン診療を受け付けており、最短当日発送可能なため、すぐにアフターピルを手に入れることができます。

オンライン診療では、スマホ一つでどこでも医師の診察を受けることができるので、家から一歩も出たくないとき、人に会いたくないようなときでも、診察を受けられます。
医師などのスタッフと直接会ったり、他の患者さんと顔を合わせたりする心配がなく、アフターピルを使っていることが他人にバレる可能性が非常に低いので、安心してアフターピルを購入できます。

アフターピルの種類や値段は?

当院では「ノルレボ」「レボノルゲストレル」「アイピル」「エラ」の4種類のアフターピルを取り扱っています。
それぞれの値段や飲み方などについて説明します。

ノルレボ錠1.5mg

価格:17,600円

日本で初めて認可されたアフターピルです。72時間(3日)以内に服用することで、98.7%が避妊できたという結果が出ています。

レボノルゲストレル錠1.5mg「F」

価格:9,900円

ノルレボの日本製ジェネリックです。効果はノルレボと同じですが、価格が安くなっています。

i-pill(アイピル)

価格:5,500円

ノルレボの海外製ジェネリックです。効果はノルレボと同じですが、日本製ジェネリックよりも、さらに価格が安くなっています。

ella(エラ)30mg

価格:13,200円

120時間(5日)以内の内服により、効果が認められます。ノルレボよりも高い効果を求める場合、受診が遅くなってしまった場合、ピル受け取りまでに時間がかかる場合などにおすすめです。

もし望まない性行為によりアフターピルが必要になった場合は、警察がアフターピル代を支払ってくれる場合もあります。「#8103」に電話すると、各都道府県警察の性犯罪被害相談電話窓口につながります。

初めてアフターピルを飲む方は、副作用も事前に確認しておきましょう。

 

病院に行きにくいならオンライン診療がおすすめ!

避妊に失敗しても、病院に行くのに抵抗を感じてしまうことが多く、対処が遅れて妊娠してしまうケースも。オンライン診療なら、医師等のスタッフや、他の患者さんと直接顔を合わせる必要がなく、スマホさえあればどこにいても年中無休で診察を受けることができます。

当院では海外製ジェネリック医薬品のアフターピルを取り扱っているため、薬代5,500円+手数料・送料1,100円の合計6,600円からアフターピルを購入できます。医師に気軽に相談できる安心感、最短で翌日にピルが到着するスピード感、周りにバレずに購入できるプライバシー面を考えると、オンライン診療にてアフターピルを購入することは効率がよくお得でもあります。

病院へ行って診察を受けることに抵抗があっても、「直接会わないオンライン診療なら、診察を受けられそう」と思えることも多いですよね。病院へ行きたくないからと、アフターピルの使用を諦めるのはもったいないです。アフターピルが必要になったら、気軽に受けられるオンライン診療を利用してみませんか?