アフターピル

アフターピルの購入方法は?購入できる場所や注意点についても解説

「アフターピルを購入したいけど、どこで買えば良いのだろう」と悩んでいませんか?

緊急避妊は普段から頻繁に必要になるものではないので、どこでどのようにアフターピルを購入すべきなのかと困惑してしまいますよね。

この記事では、アフターピルの購入方法や購入するときの注意点について解説します。たった一度の服用でも人生に関わるのが緊急避妊なので、安全にアフターピルを購入して使用するようにしましょう。併せてアフターピルに関するよくある疑問についても説明します。アフターピルを購入する前に、少しでも心配に思っていることを解消してくださいね。

アフターピルとは?

アフターピル(緊急避妊薬)とは、正しく避妊をせずに性交をしてしまったときに服用し、妊娠を防ぐ薬です。コンドームの破損や、経口避妊薬(低用量ピル)の飲み忘れといった避妊失敗時や、避妊をしないセックスを強要されてしまった場合などに使用されています。

アフターピルの避妊成功率は高く、妊娠しやすい排卵日付近のセックスであっても、妊娠を阻止できる確率は85~95%です。アフターピルには女性ホルモンが含まれており、排卵を抑制したり、受精卵の着床を阻止したりします。この働きによって妊娠の成立を防ぐのがアフターピルの避妊の仕組みです。

アフターピル(緊急避妊薬)とは?効果や値段について現役医師が解説「アフターピルを使いたいけどどんな効果があるの?値段や購入方法は?」あなたは今、そうお考えではありませんか?避妊に失敗してしまった場合、...

購入場所2つと購入方法

後述しますが、日本ではアフターピルの市販化はされておらず、購入には医師からの処方が必要です。しかし抜け道として、海外通販サイトから購入するという方法もあります。病院を受診する手間を嫌う人や、医師に相談したくないという人には魅力的な入手方法かもしれませんが、実はリスクもあり注意しなければならない方法です。

ここでは、日本国内でアフターピルを購入できる方法である、医療機関での処方と海外通販サイトでの購入について解説します。

医療期間で処方を受ける

アフターピルは病院を受診し、医師から処方してもらって購入することができます。検査や内診などは不要で、医師からの簡単な問診のみで処方され、その場で受け取りができることが一般的です。不安な点についてはその場で医師に確認ができるので、安全なだけでなく精神的にも安心できる購入方法と言えるでしょう。

中には、病院を受診する時間がなかったり、診察をためらったりする人もいるかもしれませんが、現在はオンライン診療を行っている医療機関も増えています。一般的な対面診療だけでなく、オンラインでの診療という選択肢もできたことで、利便性の面でも精神的な面でも医療機関を受診しやすくなりました。アフターピルは一刻も早い服用が必要な薬なので、まずはできるだけ早く医療機関を受診してください。

インターネットの通販サイト

医師からの処方以外の方法として、海外からの輸入を仲介、代行する通販サイトを利用してアフターピルを購入するという手もあります。しかし、海外通販サイトからの薬の購入はリスクがあり、決しておすすめできる方法ではありません。

後述しますが、緊急避妊は性交から72時間または120時間以内に薬を服用することが必要です。さらに服用が早ければ早いほど避妊の成功率も高くなります。海外通販サイトは当然商品が手元に届くまでに時間がかかるため、すぐに服用が必要なアフターピルには不向きです。

また、海外通販サイトで薬を購入すると、偽物の薬が紛れている可能性があります。偽薬では有効成分が含まれていないことはもちろん、中には健康被害をもたらす成分が含まれている可能性もないとは言い切れません。万が一偽物の薬が届いても素人目には本物かどうかの区別がつかず、偽物を飲んでしまった場合には健康が害されるリスクもあるため、海外通販サイトから薬を購入することは避けてください。

当院取り扱いのアフターピル

メディオンクリニックでは、下記のアフターピルを取り扱っています。

有効成分 値段(当院) いつまでに服用すべきか 妊娠阻止率※
ノルレボ日本製ジェネリック レボノルゲストレル 9,900円 性交から72時間以内 85%
ノルレボ海外製ジェネリック レボノルゲストレル 5,500円 性交から72時間以内 95%
エラ ウリプリスタール酢酸エステル 13,200円 性交から120時間以内 95%

(※妊娠阻止率…妊娠しやすい排卵日付近の性交渉で妊娠を阻止できる確率)

メディオンクリニックで取り扱っているアフターピルは、レボノルゲストレルを配合しているノルレボ錠のジェネリック医薬品と、ウリプリスタール酢酸エステルを配合しているエラです。

ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ成分で作られている薬であり、先発医薬品と同等の効果、品質が認められています。当院で取り扱うノルレボ錠のジェネリック医薬品も同様で、値段が安いからといって先発医薬品であるノルレボ錠よりも効果や品質が落ちることはないためご安心ください。

また、エラは国内未承認ではあるものの、海外ではとても広く使用されている安全性の実証された薬です。ノルレボ錠やノルレボ錠のジェネリック医薬品よりもさらに高い妊娠阻止率を誇る上に、性交から120時間以内の服用で避妊効果を発揮します。すでに性交から72時間以上経過している場合はエラの服用が効果的です。

よくある質問

アフターピルは日常的に飲む薬ではなく、一生に何度も服用するものではないので、まだまだ疑問に思うことがあるでしょう。ここでは、購入前に知っておきたいよくある質問について解説します。副作用や服用方法など、不安に思っていることや疑問を解消してください。

アフターピルの副作用は大丈夫?

アフターピルに重篤な副作用は確認されていませんが、これらの副作用が現れる可能性があります。

  • 吐き気
  • 頭痛
  • 乳房の張り
  • 眠気
  • 腹痛
  • 不正出血
  • 消退出血

不正出血や消退出血は服用から数日後に現れることがありますが、それ以外の副作用は服用から数時間後に現れ、長くても24時間以内に消えることがほとんどです。どれも一過性の副作用であり、将来的な健康リスクを引き起こすものではありません。

また、2011年に国内で認可されて以来緊急避妊薬として主に使われているレボノルゲストレルを有効成分とする薬は副作用が現れにくいことで知られています。以前使われていたヤッペ法という4錠もの中容量ピルを服用する方法では、約半数の人に副作用が出現していたのに比べ、不快な症状で苦しむ人は大幅に少なくなりました。

アフターピルによってごく一部の人に副作用が出現する可能性はありますが、一時的な症状で重篤な健康リスクのあるものではないので、過剰に心配する必要はないと言えるでしょう。

アフターピルの服用方法は?

以前使われていたヤッペ法という緊急避妊法では、2回に分けて合計4錠もの中容量ピルを飲まなければなりませんでした。しかし、現在主に使われているレボノルゲストレルやウリプリスタール酢酸エステルを配合したアフターピルは、無防備な性交をしてからできるだけ早く1錠を服用するだけで避妊効果を得ることができる薬です。

レボノルゲストレルを配合したノルレボ錠やノルレボ錠のジェネリック医薬品では性交から72時間以内、ウリプリスタール酢酸エステルを配合したエラでは性交から120時間以内の服用で効果が認められています。いずれにしても、アフターピルは性交から服用までの時間が短ければ短いほど避妊に成功する確率が高くなるため、できるだけ早くアフターピルを入手することが重要です。

ドラッグストアや薬局では購入可能?

日本国内において、アフターピルは医師の処方箋が必要な薬であり、ドラッグストアでは購入することができません。

海外では、先進国に限らずアフターピルを薬剤師が販売できるようにしていたり、完全に市販薬化していたりする国は少なくなく、アフターピル入手のハードルは日本に比べて低くなっています。しかし、日本では2017年からアフターピルを市販薬化しようとする市民の意見によって厚生労働省で議論されるなどの動きはあったものの、未だ処方箋なしでの購入は認められていないのが現状です。

男性が購入することは可能?

薬の処方には服用者本人が医師の診察を受ける必要があるため、服用者ではない男性がアフターピルを購入することはできません。いくら家族やパートナーが服用する女性の代理で薬を入手したいということでも、代わりに診察を受けることはできませんので、必ず薬を服用する本人が病院を受診するようにしてください。

もしも服用者女性が避妊の失敗から精神的に不安定になっているなど、病院に出向くことが難しい場合にはオンライン診療を受診するという方法もあります。オンライン診療なら男性が予約や受診のサポートをして、自宅から医師の診察を受けることができるので、服用者本人が病院を受診できない状況ならオンライン診療を検討してみてください。

アフターピルは生理に影響する?

アフターピルは女性ホルモンに影響する薬なので、服用することによってホルモンバランスが一時的に変化します。そのため、アフターピルを服用してから次にくる生理は、予定日から10日前後ずれて来るということが少なくありません。アフターピル服用後の生理日のずれは、早くなることの方が多いですが、遅くなるケースもわずかながら確認されています。

生理予定日を過ぎても生理が来ないと、避妊に失敗してしまったのではないかと心配になりますが、生理予定日から10日程度は焦らずに様子を見ても良いでしょう。

避妊に成功したかどうかはいつ分かる?

アフターピルを服用して3日程度経つと、消退出血と言われる出血が起こることがあります。消退出血は避妊に成功したことを示す一つのサインではありますが、これだけでは確実に避妊に成功したと言い切ることはできません。

消退出血は避妊に成功した多くの女性に見られる症状ですが、避妊に成功していても消退出血の症状がないというケースもあります。また、副作用の一つである不正出血や、妊娠初期に起こる出血などとの判別がしにくく、消退出血だと思っていたものが実は別の出血である可能性も少なくありません。

そのため、薬を服用してから次の生理が起こることで、確実に避妊に成功したと判明します。生理予定日を10日以上過ぎても生理が来ない場合は、妊娠してしまった可能性も考えて病院を受診してください。

アフターピルをお急ぎの方はオンライン診療がおすすめ

この記事では、アフターピルの購入方法と購入にあたっての注意点を解説しました。日本では今もアフターピルが市販薬になっておらず、医療機関で医師の診察を受け、処方してもらう必要があります。

しかし、オンライン診療が解禁されたことにより、緊急避妊を目的とした医療機関の受診のハードルはとても低くなりました。人目を気にする必要がないばかりか、オンライン診療なら忙しくても時間や場所を選ばずに受診ができるため、一刻を争う緊急避妊にはおすすめです。

メディオンクリニックでは、オンライン診療の申し込みから受診、薬の発送まで全てスマートフォン一つで完了します。自宅から待ち時間なしで診療を受けることができ、郵送で薬の受け取りを希望の場合も最短で翌日に受け取ることができるので、購入を急いでいる人もまずはご相談ください。

アプリで解決
お急ぎのピルの処方はスマホでオンライン処方がおすすめです! アフターピル・低用量ピル・月経移動ピルが誰にもバレずに、最短翌日に自宅に届きます♬ 

ピルのオンライン処方を試してみる!

>LINE相談はこちら


LINE相談

ピルを処方する